2015年08月04日

良く分かってないけど安保とか憲法とか集団的自衛権とか

よそ様のブログのコメントで熱弁をふるってしまった・・・
ごめんなさい、ごめんなさい。

もしかして炎上とかしたら申し訳ないと思い、その場合こちらへ誘導しようと思いコピペしておこう。
(こういうのってマナー違反なのかな・・・ちょっと心配)

↓ ここから
-------------------
度々出没してすいません。
こういう事ありましたねー
最初の報道で、こういう事態に陥った経緯を聞いた途端、はっきり言って同情する気持ちが一切なくなり、ニュースにも注意を払わなくなってましたですね。
冷たい女です。すいません。


安保の件は・・・
多分、参加者の中には、いろいろ深く考えずに短絡的ノリで「他人の信念」を上っ面だけ「自分の信念でもある」と思ってしまった人が多くいるのではないか、そういう人がいざ「ないない」と言っていた状況の渦中の人となったら、手のひら返しで騒ぐのではないか?
という意味ととらえて、「あるある!」と私も思います。

私は非難されるのを覚悟でいいますが・・・
今の日本の状態なら安保賛成、だけどそれなら米軍に足かせをはめる事なしに本当の意味で有事の際に有効な防備ができるような体制にして欲しい、と思います。(足かせとは米軍が国内の一般道を移動できないとか。今はできるんでしたっけ? 兵站業務で戦果って左右されるじゃないですか。)
私が米兵だったら、アレしちゃダメ、これは困ると言われつつ、でもあんたの命をかけて助けろって言われたら、うち帰っちゃおうかなー、って思いますね・・・勝手に帰れませんが。

逆に安保反対ならば、自国民が自国を守れるようになっていなければならない、と思います。
私は安保反対なんですよね。というより、自国は自国民で守るべし、の一言なんです。
それができた上で、その時その時の状況に応じて同盟内容、相手を選べるようにしようよ、と。
相手を選べる状態なればこそ、相手もこっちを重んじるんだよ、と言いたいです。

私は両親の遅い子供で(女心として一応断ったり)、両親はばっちり戦中派です。後1年、いえ半年戦争が長引いていたら父も前線に送られていたかも。祖父は実際前線で戦っておりましたし。
そういう親、祖父母から話を聞くと戦争はしちゃいかん!って思いますが、papaさんも書いておられましたが、戦争とはこっちがするつもりがなくても起こるもの。
それでもしない、と言い張るなら、侵略・征服・属国化に甘んじるしかない。
私は身近になかった他言語を、今更覚えろと言われても覚えられませんヨー?

私だったら、北海道から鳥取県あたりの日本海側のそこここで同時に陽動作戦を行って、米軍・自衛隊がどうすべどうすべと言いながら日本海側広範囲に集まって来たら、太平洋側から攻撃をしかけますね。
日本海側と太平洋側、装備はあってもそれを操作する熟練兵の数って足りるのかなー?

なんて。
今はボタン戦争でしょうけどね。
 
遠くからミサイルドンパチ撃ち込まれて、迎撃するにも限度があって、もー止めさせるには元を断つしかない!って時、今の日本の憲法では他国内を攻撃目標としたミサイル飛ばせるのかな?自衛隊の攻撃機飛ばせるんですか?
それとも日本の都市が爆撃されているのに、米軍に「よろしく!」って言うしかないのかな?
迎え撃ち漏らしたミサイルが着弾して、そこここで町が崩壊し人が逃げまどう時、誰が安全な場所まで自分を、家族を、大事な人を送り届けてくれるんだろう・・・?


あ。
記事が一本書けた。しまった。(笑)
コメント欄で長文申し訳ありません。

-------------------
↑ ここまで

と、ちゃっかり自ブログの記事にしたところで、せっかくだから追加しておこうっと。(ぉぃ)



自国を守り切れなかったら、侵略・征服・属国化される、と書いたけど。
属国化というのは、宗主国の法律や憲法を適用される可能性があるのじゃぁないだろうか?

世界の紛争地域を見ても、支配下の地域は、支配する側のルールになってるよね?

そうすると・・・
いくら日本が憲法で「戦争しませんから!」って言ってても、宗主国のケンカに駆り出される可能性があるのじゃぁないの?

長くなるからここでは割愛するけど、戦争に負けた側は、戦争に勝った側に好きなようにされるんだよ。
日本国憲法停止
って充分ありうるんじゃないのかねー?

実際の戦争でなくても、腕力(軍事力)、経済力(輸出入経済に依存)で負けても立場は弱くなると思うし。

で、あからさまに属国化した場合、もし宗主国から「徴用・徴兵するもんね」と言われたら抵抗できないでしょう。
こんな海に囲まれてる国だったら逃げるたってそうそう逃げられんし、山林があるっていったって、徴兵対象者全員が隠れる事はできないでしょう・・・

結局は徴兵されたほとんどの若者、壮年の日本人が軍服着せられて銃持たされて連れて行かれるんじゃないのかなぁ。

そういう事にはなりたくないよね・・・

こんなのばっかりじゃなく、宗教違い、思想違いの国の支配下に置かれたらどうなるか・・・
ポルポトを引き合いに出さずとも、教育者や知識層がまず弾圧されるだろうし、企業財産、いや個人財産も没収されるだろうし、女には教育いらんとか、まぁ今享受している日本人の生活は大分違う事になるのでは。

だから
そうなりそうだったら、仕掛けられた戦争に自力では負けそうだったら、誰かに、どこかの国、どこの団体でもいいから助けて貰いたいよね?
(もちろんまず自力でやれる力があるってのが大事だけど)

それが

集団的自衛権

じゃないのかなぁ?

もちろん今んところ、日本側から見て、助けて!って言ってくるのが他国で、助けに行くのは「外国へ」って事だけど、

普段知らん顔していて、日本が困った時だけ助けてよ!って言うのは、もう通りませんよ。

って言う外交情勢になってきていると言うのが、外交を実際に行っている人達が肌で感じている事ではないんだろうか?

安保からいつかは卒業しなくてはならない事も見据え、
これだけ個人でも企業でも地球上のあちこちの地域へ人々が行きだし、各地で危難に合う事も増え、

例えば、
超非人道的なグループがある地域を支配下に置き、
その地域には莫大な日本資金が投下されており、その結果が日本経済に大きな影響を及ぼす、もしくは期待をされていて、多くの日本人技術者並びに家族も現地にいます。
ってなってる時。(既にこういうケースありますよね?)

日本政府は指をくわえて、自国の経済を危機に陥らせる(何億、何兆円もどぶに捨てる)事柄を見ているのか?
日本人の女子供が一人二人ではない単位で誘拐され、殺されたり人身売買されていると分かっていても、「人道的な解決に鋭意努力しています。」という政府の手法を、その時日本国民は受け入れられるのだろうか?

そういう時だけ
「ごめん!助けて!」
「俺らいけないから、あんた頼む!」
って言ってもねぇ・・・

結局、外交なんて言っても、個人の感情と利益が国レベルになっただけの事。
お互いさま精神が根底だし、自分の足で立っていなければ、個人であろうと国であろうといつかは匙を投げられるって事じゃないのかな。

なんて自分の足で立っているのか若干心配になる私でした。

 
 
ラベル:憲法 安保
posted by 葉山猫 at 13:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。