2007年06月18日

笑ったCM

書ける内に書いておこう。(笑


久々ににやりとしたCM。
というか手法。

ある家電メーカー、というとちょっと違うかも知れないけど、そのメーカーが出しているコンピュータのコマーシャルのブログがあった。
テレビで流しているCMもストーリー性があるな、と思っていたけど、裏でこういう舞台設定をしていたのね。

こういうやり方好き^^

原始人ブログ ← どういうオチをつけるんだろう・・(笑

ここのページにバナーサンプルがあるんだけど・・・
貼ってみよう。
じっと見ていると何かが起こる、と書いてあったけど・・・
まだ確認していない^^;


なるほど。
原始人君の生活がのぞける訳ね^^
「すぐ戻ります」コメントがいいなぁ。(笑
うーん・・・じーっと監視してしまいそう^^;(2007/06/18昼)

私は家電を出しているメーカーのコンピュータは買わない、と決めているから多分このメーカーのコンピュータは買わないと思うけど、何か気になってしまう^^;
(蛇足だけど、こういうコマーシャルに出ているときのキムタクのちょっとした表情とかは結構好きなんだけどな)


これ以外にもIntelのコマーシャルで笑わせて貰っている^^
(映画の「ビッグ」を思い出す^^)
東京ガスのピピッとコンロも好きだ。(笑
次には誰が登場するのかと楽しみにしてしまう。
後Microsoftだったけかな??
子供の未来(将来の可能性^^)を白い描線で描くCM。
あれもいいなぁ、と思った。

時々だけど、「どうして、こういう発想になるの?」っていうモノにぶつかると、素直に作成した人を尊敬してしまう。
もしくは、漠然と感じているものを具体的なイメージとして表わしてくれるモノとか。
才能あるなぁ、プロだなぁ、と思う^^

やっぱり、素直ににっこり出来たり、感心したりするCMは、それを採用した会社のイメージが上がるよね。
私なんか単純だからその傾向が強い^^;


そうは思えないCMもあるわね・・・
自分の唯一と言ってよい持ち歌を替え歌にしてCMに出る奴は、随分と品下ったと思うわね・・・
替え歌全部を否定しないし、うまく歌詞を当てはめた替え歌は大笑いさせて貰うけど、特定商品をね、宣伝するのに使うとはね・・・
いや・・・特定の商品宣伝に替え歌が使用されてもいいか。
ただ、この人物は以前この持ち歌を謳い続ける事がライフワーク、みたいな事を言っていたから抵抗を感じるんだね。

こういう企画を考えた人は、単なる人(出演者)におぶさっただけでひねりもユーモアもないわね。
持ち込まれた方も断る気概が欲しかったわね。
自分の作品に誇りがあるなら。


ラベル:CM
posted by 葉山猫 at 01:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。