2007年07月19日

月影兵庫 上段霞切り

「月影兵庫 上段霞切り」 南條範夫 光文社文庫


面白い!!!

最近現在継続中のシリーズモノを読んで感想を書き、その後
うむむむ
となるシリーズも多かったが、これは・・・
そういったモノに感じた物がない!
(面白いんだけど、何か今一大乗り気になれない、という感じ)

まだ一冊しか読んでないが、以前藤原周平さんのよろず屋平八郎活人剣を読んだ時に感じたのと同じような興奮が来た!

本屋さんに行き、何か面白そうなものはないかなぁ〜と物色しつつ、ふと平積みになっている本を見たら、これがあった。

あ、月影兵庫って原作があったんだ!(正直な第一印象。勉強不足

テレビで松方弘樹が主演して再ドラマ化するのは知っていたけど、それの影響かーと思いつつ、荒筋を読むと面白そうなのでとりあえず買ってみた。
(テレビの方は見ようと思いつつ、1シーンしか見れなかった・・・松方弘樹が顔の前で手を振る姿・・・お父様を彷彿とさせました)



いやー
当たり前だが、映像化されるのは原作が人気があるからだ。
面白い。
旅物なのでとんとんと話が進む。
一つ一つの話は、小エピソードって感じで底が浅いけど、全体に流れる感じが良い。
なにより、主人公の月影兵庫がいい!

私好み^^;
おおらか、美男子、めっぽう強い(強すぎる。でもそこがいい)

そして、一時代前の作品だから日本語が気持ちいい。
いえ、特に雅な感じではないのですが、池波正太郎さんや藤沢周平さんやダークで隠微だけど柴田練三郎さんの作品と同じように、日本語が抵抗なく頭に入ってくる。

特に文章自体にもスピード感がある。
トントントンと文章を追っていける。
文章を読むってよりも、(聞いた事はないが)講談を聞いているような感じ?

登場人物もクセのある人が多く登場して、それがいなくなっていくのが寂しいが・・・
これは書き下ろしではなく、又最初長いシリーズモノにするとはっきり決めていた訳ではなかったらしく?、どこだかに連載されてた物語だったので仕方がないのだろうけど。
読んでいて、これはテレビ化されるわーーー!と感じていた。

1冊しか読んでいないのでこれから印象が変わるかもしれないが(それを期待してる)、この段階では物語としては奥が深いとは言えない。
ストーリーもこの本は旅物だから、宿場宿場での事件を解決して先に進むって感じだから、どうしてもプチエピソード、みたいになる。
でもね、ぐいぐいと引き込む感じがあるのよ。
この月影兵庫、この後どうするんだろう?って。
これがキャラが立つっていうものだろうか。



テレビ化と言えば・・・
私は(初代の)月影兵庫を見ていた。
当時家族で一緒に見れる(時代劇)ドラマでめっぽう楽しみにしていた記憶がある。
近衛十四郎さん、品川隆二さんの名コンビが面白かったなーー。
あの印象が強くて、本を読みながらどのあたりで品川隆二さん演じたキャラが絡んでくるんだろう、と、この人物か?それともこの人物か?と思いつつ読んでしまった^^;

読み終わった感想から言えば・・・
原作と違う^^; 
それも大いに。

ただ原作シリーズを全部読んだわけではないので、兵庫が再び一人旅を始める辺りからをテレビの設定にしてるのかなぁ、とか想像してみた。
(違ってるぽいが・・・)

第一、覚えてる範囲で言うと、テレビの近衛十四郎さん、カッコ良かったけど原作の兵庫とは年が違いすぎる!!
原作は20代半ばの青年剣士となってる。
近衛十四郎さん・・・どう見ても青年剣士には見えない・・・

これも当時、原作を先に読んでいた人が見たら、私のブログ記事みたいにボロク○に言われたのかなぁ・・・とか思ってみたり・・・
勝手なもので、小さいときに原作があることも知らずテレビを見ていた私は、テレビの月影兵庫が面白かった!という印象しかなく、今この年で原作を読めば、原作は又めっぽう面白く感じ、この二つは私の中で相反しないのよね・・・
腹も立たないし・・・
うーん。
勉強になったぞ・・・

それにしても、(Wikipediaより)
近衛 十四郎(このえ じゅうしろう、1914年4月10日 - 1977年5月24日)は、戦前から戦後にかけて活躍した時代劇俳優。通常より長い刀を使用し、かつ随一といわれる速い剣捌きで迫力ある殺陣を演じ、時代劇ファンを魅了した。

へーーーー
通常より長い刀・・・
速い剣捌き・・・
もう一回見たいなぁ。

上記Wikipediaでは、
剣戟スターとしては器用ではないが異様な迫力が人気を呼んだ。ある意味でハード・ボイルドな世界を時代劇に持ち込んだ人物といえる。
とも書かれている。

うーん。
見たいなぁ見たいなぁ。

やっぱりふと思うのは、原作と設定がかけ離れていても、映像化された方がしっかり作られていたら、それはそれで認められて面白く感じるファンがつくのね。と思う。
必殺シリーズも、元の梅安とは内容、設定が全然異なるけど面白かったしね(駄作シリーズもあったが)
(でもテレビ化された月影兵庫の後の花山大吉とかは面白くなかった記憶が・・・私の中では二番煎じだと感じたのか・・・)

時代劇って言えば刀。
そして風物、生活習慣。
当然のこと日本の事なのだから、いくら現代人って言ってもDNAか何か知らんが、侍、町人、剣戟、と言うものが、なんとなく刷り込まれているのではないのだろうか。
主人公はもちろん登場人物にうそ臭さがあると、ドラマの要と言える世界観がガラガラと崩れていく。
侍に見えない侍。
ウソ物と一目で分かるペラペラの刀。
当然真剣は使えないだろうけど、剣の「達人」の振るう刀の剣先がよたついたり、鉄の棒である刀が(昔聞いた所によると二本で10kg弱とか・・・)えらい軽そうだったり・・・
小物なかりでなく、演じる役者さんの風格も問題よね・・・
この近衛十四郎さんを始め、必殺シリーズの主水を演じた藤田まことさん、大岡越前に扮した加藤剛さんも剣士、侍としての風格があったから、テレビドラマとしても大ヒットしたのではないのかしら。
(他にも鬼平犯科帳、銭形平次等の主演した方々も)

今回再ドラマ化された「素浪人月影兵庫」は、近衛十四郎さん演じた「素浪人月影兵庫」のリメイクなのね。
松方弘樹さんは侍に見えるからいいけど、どうせドラマ化するなら原作に忠実に基づいた作品を作ればいいのにー!
プロとして自分の作品を作りたくないのか!
大失敗したくなかったのかねー・・・
でも作るとなると、松方弘樹さんだと年が全く合わないし、じゃぁ若手で、って言うと・・・該当役者がいないのか・・・
又下手して木村拓也とか言われると、まーーーーーーったく違う!って言いたくなるしね。
TOKIOの山口君とかがもうちょっと痩せてくれて、背が高かったら見た目は行けそうなんだけど・・・
(TOKIO好きなんです。たっはっはっは。すいません)




何かの原作になったり、昔から読み継がれている物語はやっぱり面白いなぁ。
新しい作家さんを探すのも楽しみなんだけど・・・
ハズレにあたる場合がね・・・

何はともあれ、新しく楽しみが増えた。
嬉しいな。

娯楽活劇って言えばいいのでしょうか。
しっとりとした情緒って言うのはこの1冊にはないですが、すっきり!爽快!
というのをお求めなら、あまり期待を裏切らないと思います。
まぁ私の場合、昔見た月影兵庫の影響もあり甘いかも知れませんが・・・


ラベル: 時代劇
posted by 葉山猫 at 13:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 本 活字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 銭形平次銭形 平次(ぜにがた へいじ)は、野村胡堂原作の小説『銭形平次捕物控』に登場する主人公。または、それを基にした時代劇のタイトル。銭形平次は神田明神下に住む十手を預かる岡っ引で、長屋に女房のお静..
Weblog: あのドラマに夢中!
Tracked: 2007-09-29 20:17

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。