2007年08月04日

プロ意識 朝青龍

朝青龍問題

テレビ等のコメントで「国技だから」という方がいるが、私はちょっと抵抗を感じる。

この「国技」と言っている方は、「神聖な」って意味も込みで使っているような気がする。
曰く「神に奉納したのが始まり」とか。

モンゴル以外にも確か相撲と良く似たスポーツはあったと思うし、「神聖な国技」という伝家の宝刀はもう使えない、使って欲しくない気がする。

あくまでも私個人のイメージだが、外国人力士を率先してスカウトしだしてからは、あまり大きな意味(神聖とか)を「国技」に持たせてはいけないような気がする。
単なるプロスポーツでもいい。
いや、もう単なるプロスポーツになったと思う。
(外国人力士を否定している訳じゃないですよー)


かといって、今回の朝青龍の行動を許すか、と言われれば
「ふざけるな」
である。
今まで一人横綱だったけどもう一人横綱ができたし骨休みをさせてって気持ちがあったのでは、とか、もう一人横綱ができた途端に掌かえすように厳しすぎるとか、とかいろいろ擁護する方もいるけど、冗談じゃない。である。

テレビで見たが、どう見ても「腰」を「疲労骨折」しているようには見えない。
私自身、かかとの小さな小さな剥離骨折をしただけで歩くのも痛かったのだから、ジャンプや腰をひねってのヘディングやら、ぉいぉい!である。
仮に(最早決め付けてる^^;)本当に疲労骨折してて、あの時は痛みもあまりなかったからついがんばっちゃったのよ〜、も冗談じゃない。である。

「プロ」でしょう?
お給料貰っているんでしょう?

会社員だって付き合いで、出たくも無い慰安旅行や忘年会やら出てるのに・・・(関係ないか^^;

(夏)巡業が相撲の世界でどういう位置づけなのか知らないが、朝青龍が大金を稼げているのは、日本という小さな小さな島国に住んでいる「日本人」に支えられている事を忘れないで欲しい。
(海外在住の方や海外にもファンがいる事は知っているけど、数の問題ね)
この人達がお金を落とすから給料が出ているのではないの?

国技だなんだという前に、「『プロ力士』だろ?」と言いたい。

プロであれば、自分の身体に気をつけるのは当たり前の事と思う。
プロ野球選手もどこそこを冷やさないようにしている、とか、投手は指や爪を傷める可能性があるから、ボーリングはしない、とか聞いた事がある。
もちろん人によるだろうから、言い換えればプロ意識が高い人と低い人がいる、って事なんだろう。

ばれなければ問題にはもちろんならなかっただろうけど、その場合でも腰や足、首を痛める可能性がある遊びをやるか?と疑問が沸きあがる。
ましてや、「疲労骨折」しているならば尚更である。

ばれるばれないに関しても、元プロサッカー選手の中田が一緒なんだから、日本で報道されない訳がない。

なんというか、甘く見られたね〜という一言だね。


本人が一番悪いけど、親方が別の意味で一番悪いのではなかろうか。
それとも、真っ赤になって怒っても部屋内で罰則を喰らわしても言う事を聞いてくれないのだろうか。
相撲協会もね。
ここら辺はテレビなどでも散々言われているわね。


私は朝青龍が嫌いだった。
(髷つかみとか怪我を負わせるとか過去のモンゴルへ勝手に帰るとかいろいろで)
でも、相撲と関係ない場でのインタビューや受け答えを聞いていると、
「あら、案外良いじゃない。随分印象が違うわー」
と、相撲関係でのごたごたを知らずに見ていたら、単純な私だと応援したくなる印象を持った。
モンゴルを大事に思っている点も好印象を持った。
だからこそ、悪い印象を忘れるようにして公平に?眺めるようにしていたのに・・・

謹慎の間だけでも家族が日本へ来て一緒に住めるといいな、とか仏心を出してみる。


ラベル:相撲
posted by 葉山猫 at 23:27| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

私も、「親方が悪い」と思ってしまいました。過去にも我が侭な力士がいて、けっこう親方の指導に従わなかったり、指導が行き届かなかったことがあって、その度に同様に感じてました。部屋に横綱がいれば協会から受ける資金にも差が出てくるし、何より「現役時代の自分より高い地位に上っている弟子」に対して意見しにくかったのかも知れませんね。

それと、朝青龍が、番付を上げていくに従ってどんどん横柄で傲慢になっていくのを感じていて、そのあたりは心配でしたね。

でも、それより何より、中田がモンゴルにいた、というのに驚きました。元々はTVの企画だったんでしょうかねえ??
Posted by poohpapa at 2007年08月05日 06:55
こんにちは

朝青龍問題、又何か寝ぼけた事言ってますね。

結局小さな?問題を起こした時、一番最初の時に日本人のメンタリティから行くと大事になるぞ、横綱に求められているのはそれまでの世界と別レベルになるんだよ、っていうのをしっかりと教えなかったからなんですかね。
親方、しっかりしてくれないと・・・
他の弟子達にも不公平感が蔓延しているかもしれないですね・・・

中田さんは・・・
何か世界中を回りながら、子供達にサッカーを教える?みたいな事しているからその一環だっただったのでしょうか???
中田さんも後味悪いでしょうね。
Posted by 葉山猫 at 2007年08月05日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

朝青龍はやはりわかっていない
Excerpt: 朝青龍:「帰国は時期尚早」 高砂親方が電話で伝える 精神的に不安定になっているからモンゴルに帰国? なんのための謹慎なんでしょう。 ..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2007-08-04 23:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。