2007年09月22日

なめないでいただきたい

こちらが言いたいセリフである。



山口母子殺人事件の犯人の少年が言ったセリフである。



金曜日の朝のワイドショーで裁判を傍聴しに行ったリポータの報告。

殺された奥さんのお母さんが意見陳述した後

検察官:お母さんの意見を聞いてどう思いましたか?
少年 :聞いていませんでした。
検察官:どうしてですか?
少年 :メモを取っていました。
検察官:本当にメモを取っていたのですか?

少年、後を振り返り、置いてあった自分のバッグから紙を2枚ほど掴み取る。
そして、検察官の下へつかつかと歩み寄り、検察官の目の前にその紙を突きつける。


検察官:本当にメモを取っていたようですね。

少年、その言葉を聞くや、検察官が持っていた紙を右手でひったくり、自分の席へ戻り、検察官を睨みつけ、

少年 :なめないで戴きたい!




どうです?

これが

・母親が恋しくてお母さんを求めていました。
・優しく抱きしめてもらいたかったんです。
・ドラえもんが何とかしてくれると思い、押入れに隠しました。
・泣き止んでくれないかと首に紐をチョウチョ結びしました。
・生き返ってくれないかと思い、セックスをしました。

の少年ですよ。

そして

・よければ生きていたい。
・大変な苦労があるのは覚悟している。

ですよ。

さらに

・僕が死刑になったら、本村さんより先に天国(?)へ行く。
 そしたら、本村さんが来る前に弥生さんの旦那さんになってるかも知れない。

ですよ?

「さらに」の後の事は、今回の法廷以前に言ってた内容ですが。


到底、反省しているとか思えないんですけどね・・・

殺された奥さんは、お母様と2人の母子家庭だったそうだが、お母様は、必死で伝えようとした言葉を「聞いていませんでした」と言われた時はどんなお気持ちだったのだろう・・・




前記事を書いた後、大人しく寝ようとしたのだけど、ふと朝聞いたこの光景が甦り、もう眠れません・・・


通常の感覚からすれば、バカな言い訳を!という様な内容でも打ち合わせをすればその部分は演技もできるし、刷り込み思い込みもするだろう。
だけど、こういう素の状態を引き起こされると本人の本来の地が見える。

どうにもできないよ。
この子。
いや、この人間。

8年もの間、自分のしでかした事を目の前に突きつけられてきたのにこの有様。
もしかしたら、今の弁護団の前は少しは「やばい!大変な事をしちゃったんだ」と思っていた部分が有ったのかもしれないが、今の弁護団が「死刑にはしないよ」、みたいな事を言い出したせいで、変な希望と自信がでてきてしまったと見える。


仮に上記の考えが、本当に一人の人間の中に存在する事が不可能でないにしても、しでかした事の償いはしなければならない。
どんなに反省してても償わなければならない事はある。
(と言ったって、亡くなった人が生き返る訳じゃないから、本当の意味での償いなんて殺人事件ではありえない。)

この少年は、
「本村さんに(拘置所へ)来て貰い、生の自分を見てもらいたい」
と言っているそうだが、何を見ろと?
「モンスターと本村さんは思っているみたいだけど、そうじゃない自分を見て欲しい」
とも。

何を勘違いしているんだろう。
こういう人間を無期懲役にして、日本の現状の司法では20年くらいで社会に出さす。
止めて欲しい。

この勘違いを増長させたのは誰?
私は今の弁護団だと思う。


人を殺した人間をかばう(弁護するってそういう事だよね?)なら、

反省してるし、そもそも殺意はなかった、更正している(できる)

とか言うなら、
自分の娘と結婚させる、
自分の命を賭してもその人間のその後を引き受ける、
の覚悟でかばってほしいですね。
弁護団の皆さん。

少年にも言いたいが、
一般庶民(所謂普通の善悪の感性を持っている人間)を

なめないで戴きたい!


posted by 葉山猫 at 03:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉山猫さん、おはようございます

前の記事も合わせて、全く同感です。私の言いたいこと、全部書いて頂いてます。裁判が長引けば、それだけご遺族の方に心労や負担が重く圧し掛かります。さらに、莫大な税金が投入されることになります。こと、この裁判に関しては全くの無駄遣いだと思われます。弁護士費用を被告人の親が出せるとも思えませんし。

個人的には、早く死刑判決が出て執行はゆっくり、でお願いしたいものです。いつ刑場に呼び出されるか、長く恐怖を味あわせたいので。

魂の入った記事をいつも有り難うございます。
Posted by poohpapa at 2007年09月23日 07:53
こんばんは。
コメントありがとうございます。

日本の裁判ってなんでこう長いんでしょうか?
他の国はどうなんだろう?
とこの裁判に限ってではなく、いつも思います。
この犯人にとっては、もう犯行時の記憶は遠い過去の出来事で自分の中で風化してしまっているものと私は感じます。
ご遺族の中では風化してないのに。
だから、自分の命がおしくなる、バカな言い訳をしても言いくるめられる、とでも勘違いしているのではないでしょうか。
盗人にも三分の理とか言いますが、この犯人と弁護団の言う内容は「理」にまったくなってません。
この事件に関しては聞いたり見たりするたびに、本村さんの人としてのまっとうさに比べて、犯人側の愚かしさが際立つばかり。むしろこの弁護団は「実は死刑にさせたいんじゃ?」と思ったりします。
何にせよ、「やっぱり正義はあったんだ!」という結果が早く出てほしいです。
Posted by 葉山猫 at 2007年09月23日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。