2008年05月06日

長野聖火リレー

つくづく自分のブログ、文章、考えというのは幼稚だと思った。

まぁそもそも日中口を聞く相手がまったくいない日常に叫びだしそうになっていたので、少しでも自分の愚痴、というか感じた事を頭から外に出したいという、欲求不満から始めた事だったのだが。

これまでの記事も、読み直してみると頭が痛くなるものが多い^^;
くどいし、誤字もあるし(泣)、そもそも思いっきり認識間違い、誤解している対象もある。(大泣き)

それを顔真っ赤にして書き散らしているのだから・・・
うわっはっはっは(泣き笑い)的な感じである。

こう思っていた内容はいつかここに書こうとは思っていた。
勘違いや間違っていた認識等について訂正をね。
だけど、今日はそれはしない。(多すぎてすぐ書けない^^;)

で、なんで急にこんな事を今日言い出したかというと、最近の北京オリンピック関係のニュースを見て、そして他のブログ等を拝見したからだ。




長野聖火リレー



もうテレビでは、ニュースになってないよね。
なので、書く。


私は聖火リレーは真剣に見てなかった。
(スポーツの祭典というオリンピック自体に興味持ってないし)

どうせ何事も起きないだろう、日本人のメンタリティとしては。
と思って。
いや、大騒ぎが起こるのを期待したわけではない。
諸外国で起こったような抗議意識(運動)は日本では、現場ではさほど盛り上がらないだろうと思ったのだ。
要は・・・
日本人をなめていたのですね。
自分も結局影でこそこそ言うだけで何もしないから。


案の定、画面を覆いつくした真っ赤な旗の大群には唖然としたけど、まぁ、あちらの国の人の気性じゃぁこんなもんでしょうな、今更言ってもね、とか思ったくらいで、さほど日本人も「騒ぎに便乗した」恥ずかしい行動取る人いなくて良かった良かった、とか思ったくらいだった。


とんでもなくバカだった。


本当にバカだった。
高村外務大臣が言った「中国人もチベット人も逮捕されなくて良かった」という発言も夜のニュースか何かで聞いて、「ふーん」とか思ってた。
いや、台湾人が逮捕されたというニュースは聞きましたよ?
で思ったのは、「はぁ、台湾かー。中国と台湾の関係があるんだろうなぁ。人の国来て中国への鬱憤晴らすなよ」とか思った。
(日本の○翼みたいな台湾人かと思った。)
(もう知ってる人も多いと思うけど、この逮捕された「台湾」人は、実はチベット人で、家族共に命の危険に脅かされて亡命して台湾に住んでいる人だった。)


良かった。
テレビでの諸々の報道を鵜呑みして、ここで記事書かなくて。
本当に良かった。

その後、自分の名誉?^^;のために言うけど、すぐにインターネットで事実とは違うことを知った。
何か書こうと思ったけど、まとまらなくて書けなかった。
それでも一つ書きたい事は、あの大勢の紅い旗振ってた人達の長野へ行くのにかかった費用は、本国が出しているらしい、という事。
バスチャーター費とか旗代とかその他諸々。
(これは下の転載記事で知ったのではなく、別の情報から)
でなければ、あれほどの大人数があんなに統制だった行動はできないよねぇ。
諸外国が中国本土でこういう大人数がこんな事やったら、なんて言われるかねぇ。
(しかし、分からないなぁ。今日のようにネットが普及していて、確かに虚実入り交ざっているけど、いろんな見方や事実がすぐに大勢の目に触れる事になるのに、それを認識していないメディアや政府組織人間の意識は・・・)


情報統制は日本にもある、という事を言いたくて、以下を転載、リンクします。
(他にもいっぱいあるけど、今日はこれ位で)


(元はmixiの記事だそうです。私は加入してないので見れません。動画も見れませんでした。若干言いたい事もあるけど、それは別として。)
===========================================================
聖火リレー、行ってきました。

まず皆さんにお願い。

この日記をひたすら転載してください。

動画3つまでしか載せれないため、

動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。

Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。

僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、

彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。

とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。

ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。

警察の言い分。

「危険だから」

じゃあ、何で中国人はいいんだ?

「......ご協力お願いします。」

は?

それやらせじゃん。

中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。



この後TBSの取材が来た。

チベットサポーターの1人が、

「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。

アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」

と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。

そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。

交差点で中国人と僕らが入り乱れた。

突然Mちゃんが顔面を殴られた。

僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。

「こいつ殴ったぞ!!」

警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。

警察と目が合った。

警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。

周りのチベットーサポーターが、

「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」

と言ったのに、

警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。

でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、

中国人が叩き落とした。

拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。

「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。

2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。



街中いたるところで抗議合戦。

救急車が来たり大騒ぎ。

僕らはひたすら抗議活動をした。

(動画あり)

雨が降ってきた。

それでも誰も抗議を辞めなかった。

中国人がかたまってる交差点を、

Tさんと旗を振りながら渡った。

沿道の中国人は蹴りを入れてくる。

とても沿道に入れず、車道を歩いていた。

警察が来て言った。

「早く沿道に入りなさい!!」

は?今入ったらボコられるじゃん。

なんで日本人の安全を守ってくれないの?

「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。

警察は「ご協力お願いします」と言った。



雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。

何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。

警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。

嘘だった。

ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。

聖火なんか、どこにもなかった。

目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。

こんな場所じゃ、声すら届かない。

数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。

国境無き記者団もこちら側に来させられていた。

代表がマスコミのインタビューに答えていた。

(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、

土砂降りの中僕らは叫び続けた。

この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。

MちゃんもF君も泣いていた。

こんなのってあんまりだ。

せめて伝えて欲しいだけなのに。

この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。

チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。

涙が止まらなかった。

内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。

涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。

悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。

平和だ、人権だと騒ぐ割には、

中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。

警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。

「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」

「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。

この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、

僕らが受けた痛みは、

彼らの悲痛な叫びは、

どこに反映されたのだろう。



警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、

そこをマスコミは撮影し、

中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。

これが日本のやることか?

ここは本当に日本なのか?

中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。

チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、

僕は彼らに謝りたかった。

初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。



これが真実です。

僕は日本政府は中国以下だと思った。

弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。

そこには言論の自由はなかった。

歩行の自由すらなかった。

中国人を除いて。



追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。

報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。

動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。

マスコミの嘘つき。大嫌い。

FREE TIBET!!

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787996903&owner_id=2071143&org_id=788238433

===========================================================


また、理性的でいろいろな考えの一例として下記リンク内に転載されたテレビ報道内の出演者の話を読んでもらいたくて以下をリンクします。
下のリンク記事以外にも、日本の仏教界の反応、また善光寺さんがスタート地点を返上した経緯も分かる記事がありますので、時間があったら是非読んでみてください。
===========================================================
ぼやきくっくり
「アンカー」長野聖火リレー 報道されない真実&今後の政局
===========================================================



posted by 葉山猫 at 08:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

逮捕されたチベットの方、なんかお気の毒ですね。日本はチベットには恩義があるのですから、中国の顔色ばかり窺っていたんでは大変な不義理をしていることになりますでしょうし。

「何でもありんす」さんのサイトで、下記のような記事がありました。

http://milfled.seesaa.net/article/95667995.html

ちょっと考えさせられますね。時と場合によっては、日本の警察は日本国民を護ってくれない・・・、いえ、この場合、日本の警察は「騒ぎが起きなければ日本人を護れる」と勘違い・・・それも違うか・・・、「都合よく解釈していた」と思います。ま、上からの指示もあったようですし。

なんか情けないですね。無事に終わって良かった、という話ではありません。数の横暴を見逃すなら警察は要りません。

ま、言えるのは、「こんなの聖火リレーじゃない!」ってことですね。いろんな国をピンポイントで走らせているだけで、聖火が人によるリレーで繋がってないんですもん。少なくとも、日本で言うなら、最短距離でも羽田から新潟港まではリレーされなければ意味がありません。

ところで、nniさんのサイトから辿ったサイトにはこんな記事も。

http://tameike.net/comments.htm#new

こんなの読むとホッとします。

相変わらず支離滅裂で済みません^_^;
Posted by poohpapa at 2008年05月06日 09:06
こんにちは

東京オリンピックの話は、確か他の所でも読みました。もちろん、聖火リレーの理念の違いと言う話で。

長野もただ単に(便乗して)騒ぎに行った輩はともかく、本当にじっとしてられなくて何かをしたくて行った人(チベット応援派)にとっては赤一色は唖然とする光景だったでしょうね。
それプラス転載したような日本警察の対応があったのなら・・・
悲憤慷慨するのも分かります。
どこかの画像で、この報告者が件の中国人のおばあさんを捕まえている(おばあさんに捕まえられている?)と思われるモノがありました。
どこにでもいそうな、ちっちゃいおばあちゃん。

こういうおばあちゃんが何を思って参加したのか。
70代位だったら、戦争前の共産主義でなかった中国の記憶もお持ちだろうに。
いや、それだからこそ今の中国を認めているのか???
それとも、日本憎しの一念なのか?
なら、何故日本に住んでらっしゃるのか・・・
(観光客とは見えなかった)

他の留学生も含めて、日本に住んでて差別もあるだろうが、自由を満喫してて楽しみも本国以上の機会を提供されているだろうに、良いところばかり享受して、こういう時は現地の人間(日本人や同国人でも反対派)に牙をむく。

ぼやきくっくりさんの所の死刑についての記事の中で、あちらの死刑のあり方と日本のを較べて、歴史から紐解いてメンタリティの違い、さらには国のあり方の違いに言及していたものがありましたけど、正にそれですね。
私も以前から中国や朝鮮半島はその土地のあり方と歴史から見たメンタリティを考えなくちゃ理解できないよ、と思ってました。
(対抗策を練るという意味で)

>相変わらず支離滅裂で済みません^_^;
あはははは(笑)
いえいえいえいえ、そんな事はないです。
仮にあったとしても、本来元記事が支離滅裂ですから、思ったように感じたように自由にお書きください。(*^-^)v
Posted by 葉山猫 at 2008年05月06日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。