2017年04月12日

後悔

母が亡くなった。
2017年x月x日午前02:20

いろいろ書きたい事はあるが、会葬の御礼で読み上げた文を残しておきたいと思った。
ちょっと普通と違うと思うけど、母〇〇と言う一人の人間が生きていた事を少しでも残しておきたかったから。

実際は高齢の、社会で働いていた男性ならいざ知らず、その夫も亡くなって久しい場合、専業主婦だった女性の告別式には何人も弔問客は来ない。
本当はせめて近所の人達に知って欲しかったのだが、読み上げる場には親族ばかり。(^^;)
それでも多分婚家の親族は知らない事もあったであろうと思いたい。

と、精一杯書いた追悼文だったが、通夜振る舞い精進落しの席で早速母の弟の叔父からいろいろ補足、訂正を聞かされた。(^^;)
又生まれた地を知りたかったのだが、それこそ見つけたメモを読んだら書いてあった。
いかに子供が親の事を知ってないか、と言う事をはからずも体現してしまった。

やらなくちゃいけない事がいっぱいあるのだが、1日1つしたら大仕事をしたような気分になる。
こんな駄文を書いて現実逃避している。
頭では分かっていても心が追いついていないような気分。


お母さん、こんなに急だとは思わなかった。
ごめんなさい。

続きを読む
posted by 葉山猫 at 16:44| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

最近の芸人

こんな記事があった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150912-00010004-mediagong-ent
追記に記事をコピーしておく。

いつの頃からか、素人が参加する番組が皆無になった気がする。
最近クイズ番組全盛のような感があるが、素人が参加する番組はない。
NHKで昼間やっていた気もするがいつのまにかなくなったのかな?
やっていた時も勝ち抜きしても賞品、賞金はなかったようだけど。

クイズ自体はためになるし、見てて頭の体操になるので好きである。
だけど、賞金を目指そう!オーッ!的な発言を聞くと、「君らいい収入を得ているのだから、こんな芸能人?を出さずに素人を出せよ!」とか言いたくなる時がある。

一時ほど、おバカを売りにする芸ノー人全盛ではなくなったが、それでも結構生き残っている。
又逆に、本業で鳴かず飛ばずだった芸人が、クイズ番組で脚光を浴びていたりする。

なんかおかしくないか?

ロダンロザンの宇治原(字あってるかな?調べる気も起きない)も、クイズ番組では偉そうな感じだけど、アンタのコントだか漫才だかは聞いた事がない。
そう言えば、クイズの答え以外のコメントも面白くない。

アナウンサーだとか、元アナウンサーだとかもクイズ番組に出ているが、女性が出る場合、なんで紹介テロップに旦那の職業を出す必要があるのか?
男性出演者の奥さんの肩書がテロップに出る事はないのに。

せめて、以前あった、全国勝ち抜き戦の高校生チーム対抗のクイズ大会くらいは毎年やってて欲しい。
あれはすごく良かったのではないか?

アメリカ縦断とか、段々舞台や経費がおおがかり、高額になったから止めたのか?
日本国内だけでいいよ。
それでも充分良いイベントになるよ。

学校での学習もさる事ながら、学校のカリキュラムの枠を超えた知識を習得するモチベになったんじゃないの?
これからの未来を担う人材のやる気を掘り起こすいい機会だったと思うんだけどなぁ。

クイズ番組以外では・・・

所ジョージの番組のダーツの旅コーナーが大好きだが、以前所ジョージ自身がダーツの旅に出た回を見たが、嫌な感じだった。
所ジョージがMCをする番組は好きなものばかりだけど、この旅に関してはサービス精神がないと言うか、上から目線と言うか。
要は謙虚さがなかった。
元々この人は媚びないヒトだからこういう風になるしかないんだろうな、と思うけど、やっぱり素人、というか一般人に対する時は、普通に礼儀をわきまえて欲しいと思う。

見るに堪えないのは千原兄弟だ。
特に兄。
なんであんなにエラソウなの?
自分よりものすごく年上であろうが、目上(国で表彰されるような業績を残している)の方の前であろうが、脚を崩してふんぞり返って座っている。
滅茶苦茶気分が悪くなる。

弟もNHKに出ていて驚きである。
まぁさすがに?民法よりかは態度がえらそうではないが。


紳助竜介の漫才はあまり好みでなかったが、紳助は司会の才能はあったと思う。
ただ冠番組では自身のうんちくをひけらかすのが鼻につく時があったが。
でも彼が姿を消してから、どこの番組でも小粒、良く言っても中粒程度の芸人が司会やったりMCやったりするばかり。
大粒で残っているのはタモリ、タケシくらいか。
さんまは大嫌いだし。

随分昔に「一億総バカ」みたいなタイトルの本がブームになったが、最近のお笑いや番組は他人を貶す、素人を「いじって失笑を誘う」「バカをひけらかす」事ばかりでないか?

こういうのばかりが身近にあると、視聴者、つまり一般人の日常でも同じ事をやるのではないか?
特に子供に与える影響はバカにできないのでは?
ちょっとした失策をあげつらう、大げさに吹聴する、バカをあざ笑う・・・

そして、笑われたくないから、人と同じ事をする、もしくは開き直って人と異なる事を是とする。
そんな事で異なるなよ、と言いたくなるような事で。

水は低きに流れる。

いじめも仕事における責任感の無い人間が増えているのも、変な犯罪が目に付くのも、日々身近にある情報や人への接し方が片寄っているからではないのか?

なんて思ってしまう、秋の丑三つ時。

 

続きを読む
posted by 葉山猫 at 02:49| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

良く分かってないけど安保とか憲法とか集団的自衛権とか

よそ様のブログのコメントで熱弁をふるってしまった・・・
ごめんなさい、ごめんなさい。

もしかして炎上とかしたら申し訳ないと思い、その場合こちらへ誘導しようと思いコピペしておこう。
(こういうのってマナー違反なのかな・・・ちょっと心配)

↓ ここから
-------------------
度々出没してすいません。
こういう事ありましたねー
最初の報道で、こういう事態に陥った経緯を聞いた途端、はっきり言って同情する気持ちが一切なくなり、ニュースにも注意を払わなくなってましたですね。
冷たい女です。すいません。


安保の件は・・・
多分、参加者の中には、いろいろ深く考えずに短絡的ノリで「他人の信念」を上っ面だけ「自分の信念でもある」と思ってしまった人が多くいるのではないか、そういう人がいざ「ないない」と言っていた状況の渦中の人となったら、手のひら返しで騒ぐのではないか?
という意味ととらえて、「あるある!」と私も思います。

私は非難されるのを覚悟でいいますが・・・
今の日本の状態なら安保賛成、だけどそれなら米軍に足かせをはめる事なしに本当の意味で有事の際に有効な防備ができるような体制にして欲しい、と思います。(足かせとは米軍が国内の一般道を移動できないとか。今はできるんでしたっけ? 兵站業務で戦果って左右されるじゃないですか。)
私が米兵だったら、アレしちゃダメ、これは困ると言われつつ、でもあんたの命をかけて助けろって言われたら、うち帰っちゃおうかなー、って思いますね・・・勝手に帰れませんが。

逆に安保反対ならば、自国民が自国を守れるようになっていなければならない、と思います。
私は安保反対なんですよね。というより、自国は自国民で守るべし、の一言なんです。
それができた上で、その時その時の状況に応じて同盟内容、相手を選べるようにしようよ、と。
相手を選べる状態なればこそ、相手もこっちを重んじるんだよ、と言いたいです。

私は両親の遅い子供で(女心として一応断ったり)、両親はばっちり戦中派です。後1年、いえ半年戦争が長引いていたら父も前線に送られていたかも。祖父は実際前線で戦っておりましたし。
そういう親、祖父母から話を聞くと戦争はしちゃいかん!って思いますが、papaさんも書いておられましたが、戦争とはこっちがするつもりがなくても起こるもの。
それでもしない、と言い張るなら、侵略・征服・属国化に甘んじるしかない。
私は身近になかった他言語を、今更覚えろと言われても覚えられませんヨー?

私だったら、北海道から鳥取県あたりの日本海側のそこここで同時に陽動作戦を行って、米軍・自衛隊がどうすべどうすべと言いながら日本海側広範囲に集まって来たら、太平洋側から攻撃をしかけますね。
日本海側と太平洋側、装備はあってもそれを操作する熟練兵の数って足りるのかなー?

なんて。
今はボタン戦争でしょうけどね。
 
遠くからミサイルドンパチ撃ち込まれて、迎撃するにも限度があって、もー止めさせるには元を断つしかない!って時、今の日本の憲法では他国内を攻撃目標としたミサイル飛ばせるのかな?自衛隊の攻撃機飛ばせるんですか?
それとも日本の都市が爆撃されているのに、米軍に「よろしく!」って言うしかないのかな?
迎え撃ち漏らしたミサイルが着弾して、そこここで町が崩壊し人が逃げまどう時、誰が安全な場所まで自分を、家族を、大事な人を送り届けてくれるんだろう・・・?


あ。
記事が一本書けた。しまった。(笑)
コメント欄で長文申し訳ありません。

-------------------
↑ ここまで

と、ちゃっかり自ブログの記事にしたところで、せっかくだから追加しておこうっと。(ぉぃ)



自国を守り切れなかったら、侵略・征服・属国化される、と書いたけど。
属国化というのは、宗主国の法律や憲法を適用される可能性があるのじゃぁないだろうか?

世界の紛争地域を見ても、支配下の地域は、支配する側のルールになってるよね?

そうすると・・・
いくら日本が憲法で「戦争しませんから!」って言ってても、宗主国のケンカに駆り出される可能性があるのじゃぁないの?

長くなるからここでは割愛するけど、戦争に負けた側は、戦争に勝った側に好きなようにされるんだよ。
日本国憲法停止
って充分ありうるんじゃないのかねー?

実際の戦争でなくても、腕力(軍事力)、経済力(輸出入経済に依存)で負けても立場は弱くなると思うし。

で、あからさまに属国化した場合、もし宗主国から「徴用・徴兵するもんね」と言われたら抵抗できないでしょう。
こんな海に囲まれてる国だったら逃げるたってそうそう逃げられんし、山林があるっていったって、徴兵対象者全員が隠れる事はできないでしょう・・・

結局は徴兵されたほとんどの若者、壮年の日本人が軍服着せられて銃持たされて連れて行かれるんじゃないのかなぁ。

そういう事にはなりたくないよね・・・

こんなのばっかりじゃなく、宗教違い、思想違いの国の支配下に置かれたらどうなるか・・・
ポルポトを引き合いに出さずとも、教育者や知識層がまず弾圧されるだろうし、企業財産、いや個人財産も没収されるだろうし、女には教育いらんとか、まぁ今享受している日本人の生活は大分違う事になるのでは。

だから
そうなりそうだったら、仕掛けられた戦争に自力では負けそうだったら、誰かに、どこかの国、どこの団体でもいいから助けて貰いたいよね?
(もちろんまず自力でやれる力があるってのが大事だけど)

それが

集団的自衛権

じゃないのかなぁ?

もちろん今んところ、日本側から見て、助けて!って言ってくるのが他国で、助けに行くのは「外国へ」って事だけど、

普段知らん顔していて、日本が困った時だけ助けてよ!って言うのは、もう通りませんよ。

って言う外交情勢になってきていると言うのが、外交を実際に行っている人達が肌で感じている事ではないんだろうか?

安保からいつかは卒業しなくてはならない事も見据え、
これだけ個人でも企業でも地球上のあちこちの地域へ人々が行きだし、各地で危難に合う事も増え、

例えば、
超非人道的なグループがある地域を支配下に置き、
その地域には莫大な日本資金が投下されており、その結果が日本経済に大きな影響を及ぼす、もしくは期待をされていて、多くの日本人技術者並びに家族も現地にいます。
ってなってる時。(既にこういうケースありますよね?)

日本政府は指をくわえて、自国の経済を危機に陥らせる(何億、何兆円もどぶに捨てる)事柄を見ているのか?
日本人の女子供が一人二人ではない単位で誘拐され、殺されたり人身売買されていると分かっていても、「人道的な解決に鋭意努力しています。」という政府の手法を、その時日本国民は受け入れられるのだろうか?

そういう時だけ
「ごめん!助けて!」
「俺らいけないから、あんた頼む!」
って言ってもねぇ・・・

結局、外交なんて言っても、個人の感情と利益が国レベルになっただけの事。
お互いさま精神が根底だし、自分の足で立っていなければ、個人であろうと国であろうといつかは匙を投げられるって事じゃないのかな。

なんて自分の足で立っているのか若干心配になる私でした。

 
 
タグ:憲法 安保
posted by 葉山猫 at 13:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

平井和正さん

小説家の平井和正さんが亡くなった。

昔ウルフガイシリーズ、真幻魔大戦シリーズを夢中になって、ほんとに夢中になって読んだ。
続編が出るのを心待ちにして、新刊が出れば飛びついて買って徹夜してでも読みふけった。

いつしか続編の出版が間遠になり、待ちくたびれてそして忘れてしまっていた・・・

ウルフガイはどうなったんだろう?
大人の方の犬神明が大好きで、それこそ小説の登場人物に恋したのは彼が初めてではなかったか?
少年の方の犬神明はどうなったんだろう?
青鹿先生(だったか??)はどうなったんだろう?
意識を取り戻して彼と幸せになれたのかしら?

今でこそいろいろな動物に変身して超能力を発揮するとか、神の系統の氏族だとかのお話はいっぱいあるけど、平井和正さんのウルフガイとか幻魔大戦とかがそもそもの始まりだったような気がする。

あぁ・・・
なんかとても自分が歳取った気がする・・・


あの夢中になったとても充実した時間と楽しみをありがとうございました。
ご冥福をお祈り致します。

 


posted by 葉山猫 at 22:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

笹井芳樹副センター長に心からお悔み申し上げます

STAP細胞関連の報道はもう止めて欲しい。

少なくともワイドショー等で興味本位、ゴシップレベルでの報道は本当に止めて欲しい。
彼を死に追いやったのは、正にこのゴシップレベルでの報道と、理研等彼の周囲の人間のせいではないのか。
私は心の底からそう思う。

以前のSTAP問題のテレビでの謝罪を拝見したが、他の人がごちゃごちゃ言ってる内容は理解しようという努力が必要だったが、彼の謝罪は素直に頭と心に入ってきた。
他の人間がしたような、普段使わないような単語とまわりくどい何言ってんだよ?と言うような言い回しでなく、素直な言い方で誠意と主張が伝わってきていた。

大変失礼な言い方になるが、学者でありながら、専門バカにありがちな世間知らずでなく、人間として情味のある、常識がおありになった方なのだろう。

彼の研究室に所属していた研究員の就職先にも心をくだいていたと言うではないか。
なんで彼の研究室が解体、辞職しなければならないの!?

彼としては、彼が関わったSTAP問題のせいで、直接関係のない自分の研究員の人生まで狂わしてしまった、と思っておられたのではないのか?

以前どこかで聞いたのだが、学者さんの世界も熾烈で、自分の研究に予算がつくかつかないか、特に日本は誰か師匠につかないと、つまり派閥に入らないと出世どころか研究も陽の目を見ない可能性が高いと聞いた事がある。
就職自体も、研究を主目的にしたい人には誰かの”引き”がないとしづらいのではないのか?

そんな環境がもし半分でも本当だったら、名のある研究者でも大変だろうが、半分学生のような研究者にとっては前途は閉ざされかねないのかも知れない。

小保方博士も実際には学生の殻を脱いだばかりの若き研究者ではないのか?

その業界の人に言わせると、研究者としてやってはならない事、あってはならない事をやったのだ、と言う。
でも、一連の報道の内容を見ていると、不自然さを非常に感じる。

研究者としてやってはならない事があったのなら、それを是正すれば良いだけの事ではないのか?

ワイドショー的な番組で、(私もだが)研究がどういうものかも知らない芸能人とか畑違いのコメンテーターがああだこうだと言い、あろう事か、「STAPがあるのかないのか?どっちなの?はっきり言えばいいじゃん!」的な事言ってた輩がいたが、本末転倒ではないのか?

「STAP細胞(現象)を発見した」という報告論文なのだから、その論文発表者にとっては

「あります」

としか言えないではないか。


大体。

Natureに論文が掲載されたのを受けてのあの大騒ぎ報道。
割烹着だの、ムーミンだの、研究とは関係のないことで連日紙面(画面)を賑わせる報道もなんなの?
と思っていたが、まぁ、画期的な、歴史に残るような発見だから、まぁお祭り騒ぎになるのもしょーがないのかねー、とか思っていたが。

それが一旦、素材に疑義がある、とチラッと情報が出た途端、
いきなりの手のひら返し。
あれよあれよと言う間に1億総叩きみたいな報道。

なんなの?
誰もかばわなかったよね?

あれほど大事に、秘密裏に進めてきて、華々しく花火を打ち上げたのだから、誰か1人くらい「すいません。もうちょっと様子を見ましょうよ」的な事を言う人が「組織内」から出てもおかしくないのじゃないの?

いや、お一人いた。
それが笹井博士だ。

華々しい発表までの経緯を想像すると、笹井博士以外に誰も表立って擁護する人がいなかったという、この不自然さ
当然の事ながら、小保方博士を擁護する人がいない、いや非難ばかりの攻撃を見ると、笹井博士にも同じような攻撃が向かったと想像するに難くない。
名声のある方だから、もう少し言葉を選んだ攻撃かも知れないが、その分針の筵だっただろう。

大体、なんで笹井博士だけが責任取らなくちゃいけないの?
責任取るなら、構成チェックを任された笹井博士個人ではなく、発表まで秘密裏に行い、チェック体制を整えなかった組織側にあるのではないの???

笹井博士の謝罪会見の中で
「自分の部下の学生ではないので、(調べるから)ちょっと資料を持ってきなさい、とは、同じ(立場の)研究者としては言いがたかった。」
と言う言葉があったけど、もっともだよ!

Natureに掲載されたという事実自体が、その時の論文構成には問題がなかったって事だ。
文脈や主旨、検証文章に齟齬がなかったって事だ。
齟齬があったら、いかに名のある研究者が共著に名を連ねていても却下されたんじゃないの?

最初指摘があったのは、画像だったわけだけど、論文検証時に「その画像に問題はないか?」と当人に聞き、当人が(間違った認識であっても)問題ありません、と言ったのなら、それ以上どうしろと?


捏造、捏造って言うけどさ。
私は今の段階では捏造ではない、と思うのよ。

捏造(ねつぞう(慣用読み)、でつぞう)とは、実際になかったことを事実のように仕立て上げること。「捏」の読み方は古くは「デツ」であるため、でっち上げの語源ともなっている。


耳が聞こえているのに聞こえていない振りをした佐村河内(呼び捨て)とか、”人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の臨床応用を実施した”等と大ぼらふいた森口某とかみたいに、ほんとにナイ事をアッタと言ってた訳じゃないでしょう?
少なくとも現時点では、STAP現象はあるともないとも断定できないわけでしょう。

最初の報道で良く引き合いに出され、指摘されていた画像も、明度を調整された(だけだっけ?)問題の画像はSTAP細胞の画像ではなく(STAP細胞の画像はその右側)、比較検討用の画像だった、と言う。
これ、あんまり報道されなかったですよね?
あたかもSTAP細胞の画像そのものを加工したように報道していましたよね?

比較用の画像が暗くはっきりしなかったので、分かりやすい比較用の画像と差し替えてしまった、明度を加工してしまったとの事。
博士論文で使われていた画像を使いまわしてしまったという画像も、同じ種類の画像だったらこれでもいっかー的なバカや、整理整頓ができていない人なら、この画像だったよね?と使ってしまう可能性は大。

確かにこういうミスも許しがたい事なんだろうけど、論文掲載発表時の理研の誇らしさを思い出すと、なんでいきなり捏造と言う言葉が出てくるのか理解に苦しむわ・・・

いや、画像の事ではなく、STAP現象の存在意義そのものが捏造・・・とか言うのもおかしいと思う。
だって、実験だって1秒2秒で結果が分かるわけでないでしょう。
それなりの時間をかけないと結果が分からないものを、部外者が再実験結果を見ないで、

なかった事=捏造

って断定するのはおかしいんではないの?

(稀代の名女優でない限り)小保方博士が抵抗を示すのは当たり前だと思うわ・・・

外部調査委員会が「捏造」と断じたと理研は言うのだろうけど、バックアップしてきた組織として言うことはないの?
抵抗はしないの?

そもそも最初に
「データ疑惑報道がありますが、鋭意調査し、間違った資料添付がある場合は速やかに訂正し、又再検証してご報告します。」
ときっぱり言ってなかったよね?

なんか・・・
小保方博士だけにおっかぶせたような、なんかごちゃごちゃした、それでいて、あれほど麒麟児扱いした小保方博士になんか冷たい対応だった印象があるのよね。

自分をバックアップしてくれていると思った人々からでっちあげ!(捏造)って言われれば、
「捏造ではなく、悪意のないミスです!」
と必死に言うわね。

普通あれほど理研の寵児扱いしていたのなら、理研が「悪意のないミスと思っています」と言ってかばうんじゃないのかね〜

とっとと
「悪意のないミスと思っております。」「が!再検証し、その結果に応じては論文取り下げなども考慮します。」
とかなんとかきっちり筋通して、さっさと再検証実験を行って、その結果次第で論文取り下げなり、はっきりとした今度こそ!のデータ添付で再発表したら良かったじゃないか。

そういう風に小保方博士の立場も擁護するような対応しておけば、小保方博士も体調崩したり弁護士立てざる得なくなる必要もなく、笹井博士の悲報を聞く事もなかったのではないのか・・・
とどうしても思ってしまう。

疑惑報道が出た頃から思っていた事だけどさ。

もし将来、STAP現象ありました!
ってよその国の研究者が発表したら(だって、目のつけどころ、発想のヒントは与えてしまったのだから誰か絶対研究するよ)、特許主張も第一発見者の栄誉も小保方博士にも理研にも与えられないだろう。

もう事はされてしまった後だからどうにもできないけど、もし、本当に上記のように将来証明されたら。

日本は、いや報道各社とそれに乗っかって騒いだ日本人、それと再実験結果も見ずに捏造と断定した識者とやら、個人に責任をおっかぶせて、国連携?の施設だかなんだかの指定確保やら保身に汲々とした理研が、あたら優秀な人材を2人も潰した事になる。
それも、お1人はこれ以上ない悲劇的な方法で。


別に小保方博士を絶対に信じている!と言う訳ではないのだけど、当初の報道騒ぎから違和感を覚え、疑惑報道からは不自然さを強烈に感じ、報道の仕方や番組での芸NO人の本末転倒コメントや犯罪者でもないのにコントの材料にしたりとか、なんかどうしてでも小保方博士を潰したい!!と感じられてしまってどうしようもない。

一番不自然さを感じるのは理研だけどね!

そして、とうとう日本に誇れる笹井博士まで失ってしまった。

この先の再生医療、私も年が年だから期待している!面も多分にあるけど、STAPのあるなし関係なく、博士の無念さ、残念さ、憤りを思うと・・・ね。

ほんとに悲しいです。

乱文ごめん。
 
posted by 葉山猫 at 14:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

ネットへの書き込み SNS考

私は、LINEもFacebookもTwitterも、一昔流行ったMixiも、おおよそSNSと言われるものは、やっていない。
あ。スマホで利用するショートメール的なものはやってるか。
(SNSマークがついているのでこれもSNSなんだろう。(笑))

Facebookで感情操作とも思える実験をしていた事が発覚し、問題視されているようだ。
あるユーザに関しては、コメントのネガティブな書き込みを減らし、
別のユーザに関しては、ポジティブなコメントを減らした結果、

ネガティブなコメントを減らされていたユーザは、本人の書き込みがポジティブになり、
逆にポジティブなコメントを減らされたユーザは、本人の書き込み内容がネガティブな傾向になったと言う。
それをもって、コメントによって人の気分が変わる(変えられる)と言う結果が得られた。
なぁんて事らしい。

当たり前じゃなかと?


利用者の間では「感情操作だ!」など反発、批判が殺到しているようだけど、これも当たり前、だよね。

なんかさー
コンピュータの操作を教えるような仕事をしていると感じるんだけど、コンピュータ、と言うかIT系を介すると、なんか今まで日常で行ってきていたものが、似て非なる別物になるみたいな捉え方をする人が多いような気がするんだけど、大間違いだと思う。

子供たちの間で流行りやはり問題が多発したプロフなども同じだけど、コンピュータ処理に過剰期待していると言うか(自分の思っているようにコンピュータが処理してくれると思い込んでいる)、自分の周りの少数の人間しか見えてなく、その他大勢、世界中の人が自分の発言内容を見ている(見る事が可能)ってのを忘れている・・・


人と話す時に、「失礼にならないよう」「傷つけないよう」「誤解を受けないよう」に発言内容に気をつけるように、記事やコメントを書き込む時に注意している人はとても多いと思う。

いや、話す時よりもずっと気をつけている。
私は。
(思い通りに書けているかどうか結果はともかく。(^_^;))

脳みそを振り絞って書いた内容を勝手に削除されていたら、その時間と労力を返せ!と思うし、
ただ”いいね”ボタンを押しただけでも、その手間を返せ!
と私だったら言いたい。

それどころかポジティブな発言を削除されてしまった人にとっては、相手がその人へ本来持つはずだった好印象を与えられなかった訳だから、それ以外の発言によっては、人間関係がおかしくなってしまった可能性も充分にある。

例え、「いいね」の数を減らしただけでも、公開範囲が狭い人(友達限定とか?)ならいつもより数が少ないのが分かれば、
誰か「いいね」を押していない!
なんて被害妄想に走る人がおったかも知れん・・・

規約に謳っているとFacebook側は言っているようだけど、TVで紹介されたあの文面からは、内容改変(と私は思う)まで許しているようには読めないけどなぁ。


つか・・・

”そもそも論”からいかせていただければ。

Facebookの成り立ちを思うと、今の使い方ってどうなの?
っていつも思う。

実名使用が本来でしょう?
正直なプロフィールを書くのが本来でしょう?

その上で「健全な」交流、ビジネスチャンスに結び付けられる場として利用してください。

じゃなかったっけ?


たまに知り合った人から、Facebookやってる?とかLINEやってる?
って聞かれるけど、
「やってません」
と言うと、
「コンピュータ詳しいのに?」(実際はそんなに詳しくないのですが)
「やればいいのに。」
と言われる事がある。

やりません。
こんなメンドクサイ事。

メールに関しても、そもそも手紙だろ?
って思っているので、
受け取ったメールにすぐ返信しないと文句言われるのにも、「なんだかな」と思ってる位なのに。(ぉぃ)

うちの母なんかは昔は妹からメールが来ると、いきなり立ち止まって読み始め、その場で返信しようとし始めていた。
道端で!

思いっきり注意しましたよ。
ただでさえ、老人の歩行に関して邪魔扱いされる場が多々あるのに、そんな大迷惑するんじゃない!
って。

こんなひどい^^;状況でなくとも、会話中にも関わらず、メール確認までは百歩譲っていいとしても、断りなくその場で返信し始める人はどうなの?って思う。


コンピュータやスマホ、携帯はあくまでも道具で、その道具を使って何かする場合は、リアルで対人するのとおんなじで、
いろんな機能をこういう事にも使えそう!って事で実験したくなる気持ちは分からないでもないけど、たった「いいね」ポチでも私信には違いないんだから、勝手に削除したりするのはいかがなものか!
と大きな声で言いたいデス。


んで。

利用する側も

道具がどんなものであれ、

人が大勢いる広場のあっちとこっちで、人間同士が大声で会話しているんだ

位の気持ちで使った方がいいですぜ。

と私は言いたいデス。

 
タグ:SNS Facebook
posted by 葉山猫 at 10:55| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

自分的メモ

書きたいこと。
・原発について
・STAP細胞
・嫌いなCM
・猫里親条件

posted by 葉山猫 at 10:17| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

あけましておめでとうございます

今年もぽちぽちと更新致します。

本年もよろしくお願い申しあげます。


posted by 葉山猫 at 02:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

教育

お久しぶりです。
放置しまくっていました。うふふ

ニュースを見ていたら、今年度から中学で「ダンス」が必修科目になるとか。

中学校武道・ダンスの必修化
文部科学省では、平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では中学校保健体育において、武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。
武道は、武技、武術などから発生した我が国固有の文化であり、相手の動きに応じて、基本動作や基本となる技を身に付け、相手を攻撃したり相手の技を防御したりすることによって、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です。また、武道に積極的に取り組むことを通して、武道の伝統的な考え方を理解し、相手を尊重して練習や試合ができるようにすることを重視する運動です。
ダンスは、「創作ダンス」、「フォークダンス」、「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で、仲間とともに感じを込めて踊ったり、イメージをとらえて自己を表現したりすることに楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。「文部科学省


武道はいいよ。武道は。
礼儀と精神に比重を置いて欲しいけど。
当然女子も男子と同じだけやるんですよね?

しかし。
ダンス・・・
西洋ダンスもいいけど、日舞は?
日舞はどこへ?
やるなら西洋ダンスと同じだけの時間、日舞もやってくれ。
さわりだけでもいいんだ。
そうすれば若い子の立ち居振る舞いにも少しは変化が・・・
西洋ダンスだけだったら、脚を広げて「イェ〜ィ」的な振る舞いを増長するだけじゃないのか?

大勢子供がいるんだからその中から興味を持つ子も現れ、もしかしたらその中に武道にしろ(あまり聞かなくなった)日舞にしろ天性の素質を持っている子がいるかも知れない。

武道もダンス(日舞含む)も子供に習わせられる(習わせる)家庭は比較的裕福で、且つ「子供に注意を払う」親御さんのいる家だろう。
(親がやらせたいだけのエゴだとしても)

自分の知らない世界は思いつかない。
親も子供も。
親のエゴでやらせている以外にもっとやりたい事ができたら子供も何か言える・・・かも知れない。

興味を持てる世界があれば、親からの愛情が充分でなく、自分の居場所が分からず日常の言動がおかしい子供達の居場所も・・・少しは見つかるかも知れない。

先生方の負担が大きくなるけど、それこそ地域ボランティア・・はまずいか。
専門の講師を呼べばいい。

予算がきついと思うけど、2年にいっぺん子供用のPCを40台前後最新機種に新調するくらいならその予算を回せばなんとかならないか?
IT化を歌うならEXCEL等の使い方をちょこちょこ教えるのではなく、コンピュータそのものの使い方を教えるべきだ。
毎度毎度その年度の最新機種とOSを与えたって、半年後には更なる上位が出る場合が多いんだし。
IEで検索・調べ物学習とかEXCELで小遣い帳作るとか、そんな程度に最新機種とか必要ない。
それでいて、がっつりPCを使わなければならない先生・職員の機種とアプリが子供達のリースが終わった前世代のものを配給するとか・・・
それもばらばらで配給するから同じ職員室の中でバージョンが異なるアプリ、いやインストールされているアプリそのものが異なるって・・・
(任意のインストールもVerupも先生には権限が与えられておらず許されない。少なくとも私の知る範囲では。いちいち申請して「許可されたら」外部から派遣された人が作業するんですよ)
先生の仕事を困難にさせているだけに思える・・・
企業だったらありえない。

ふー
最近ネットゲームでチャットすると30代でも日本語不自由な人が多いのにびっくりしている50代でした。
タグ:教育
posted by 葉山猫 at 11:44| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

前に小学校の先生になりたかったと書いたけど・・・

gremz発芽二本目306日目
黒がオシッコをしてない。むー。
最近オシッコウ○チする時間帯が変わってるので
今日1日様子を見て明日午前病院連れて行くか

6月から昨年と同じ仕事を受ける事ができた。
派遣元にいろいろ言っちゃったし、仕事先の私への評価がどんなものか分からなかったので、申し込みをしてから採用の連絡が来るまでドキドキだった。(笑


昨年から書きたいネタがいっぱいあったのだけど、今回良いきっかけがあったので(笑)
最初は子供達のかわいい、面白い話を書こうと思っていたのですけどね。
やはりモンクは書きやすい!(爆)

子供が絡む話なので、誰なのか特定できない一般的な話としてどこまで書けるか分からない。(下記6に関連)
こんな矮小ブログなんか関係者など見ないと思うけど・・・
万が一何かあると先生方と会社に迷惑がかかってしまう。
なのでぼかしぼかし・・・(笑

以下驚いた順↓ 
1.保健室大繁盛!
2.先生方が何故反乱を起こさないのか(笑
3.診断名が付いている子供の多さ
4.親への応対の難しさ
5.子供の意識(?)
6.個人情報保護法って何!?


6以外根っこは同じかも知れない。

1.保健室大繁盛にはほんとびっくりした。
私の頃って、ほんとに具合悪い時にしか子供は行かなかったと思うけどまったく違う。
もちろん私の頃も大げさに言ったり、仮病使って保健室行く子がいなかった訳じゃない。
だけど用事もないのに保健室に来る子が多いんだ。
それも男の子。

特に中学生。
授業が終わった後保健室にやってくる。
それこそ「ただいまぁ」ってな感じで。
保険の先生が「早く帰りなさいよw」と言うのにも関わらず、鞄を放り出し寝台に寝そべる。
それが一人二人じゃない。

もちろん全体の生徒の数を考えればごく少数だけど、これは驚いた。
日中もなんやかやと口実をつけて、中には口実もなく休憩所の感覚でやってくる子(オッサンか!)も多い。

もちろん上記以外の本来の利用?もとても多い。
小学1年から。(さすがに中学生となるとほんとに具合が悪い子の方が多い)
熱がある(99.5%位は熱なし。体温計ったら元気に教室に帰る・・・)
気持ちが悪い(先生と話すと何故か元気になって出ていく)
擦りむいた(ほんのちょっと皮膚がむけた程度)
マスクが欲しい(マスクの大箱が置いてある・・・自分ちで調達しろ。)
など等で、一人でも保健室にやってくる。

正に千客万来。
保険請求したら、数年おきに新校舎建てられるんじゃなかろうか。(こら

私の頃は、少々の擦りむきや血が出ていても保健室行かずに済ましていたけどなぁ・・・
学校内で右手首骨折した時(小3)も先生が保健室連れて行くまで教室で泣いていた位だからなぁ(ぉぃ
私だけ??私が行っていた学校だけ??(汗

先生に「お母さんみたいですね」と言うと
「今の子はこんなんなのよ」
と仰る・・・

他には、不登校傾向の子やなんらかの問題を抱えている子。
保健室でプリントやっていたり、
母親が迎えに来るまで暗い顔してじっとしていたり・・・

先生からのPC関連の質問に答えようとしても、あまりに子供が来るので落ち着いて説明ができない位。

3.の診断名が付いている子供の多さは、今の世の中ってこうなのかなーと慨嘆するしかない。

昔だったら単に
「落ち着きのない子」
「集中力のない子」
「乱暴な子」
で済まされていた子が、実は本人の気持ちの「持ちよう」の問題ではなく、(脳の?)機能疾患だったり、精神疾患だったと分かるのは良い事だと思う。
それを治療する薬なり対応テクニックなりで改善されるのなら、本人が生きていく上にも良い事だし必要な事なのだと思う。
だけど・・・多すぎないか???

ふと、(4.5.で触れてるけど適切で充分な事をせずに)自分(親)の手に負えないから、という理由だけで、「この子はこうなんです!ああなんです!」と医者に訴えて、自分への免罪符にしていないか?と思ったりする・・・
(問題発言だな・・・)

いや医者もそうそう簡単に診断名付けないだろうから、本当の事だと思うんですけどね。
本当に疾患を持っている子がいるのは分かっているんですが。

うーん・・・
昔も今も疾患を抱えている子の数は大体同じだけど、私らの目には見えてなかったのか?
(自分自身が子供だったから分からなかったとか、親御さんが恥と思って(?)世間に見せなかったとか?)
それとも実際に現代では病名がつく子供の数は増えているのか???

※私は疾患・病名と書いちゃってますが、本当は「病」ではないのかも知れない。
 「病」ではないけど、機能不全????
 すいません。
 正しい表現方法が分かりません。


長くなってきたので

後半は隠す!(爆)
posted by 葉山猫 at 08:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

病院騒動記

gremz発芽二本目275日目

おととい16時半頃、母が頭が差し込むようにとても痛い、と5〜10秒置きに顔をしかめ身体をすくませている。
聞けば2〜3ヶ月程前からすぐに治るけど時々痛くなっていた、との事。(そういう事は早く言え!)
でも、こんな間隔では痛くならなかった、と言う。

「救急車は絶対、絶対嫌!『ご近所の人にあれこれ詮索されたくない!』」と私にしてみたら唖然とする事を言い張る母親と言い合いする時間が惜しく、ネットで調べあちこち電話をし、頭関係の患者を受け入れる救急病院を調べタクシーを呼び問答無用で母を放り込み、横須賀市内の病院へ駆け込んだ。

病院着18時(タクシー2700円程の距離)
病院を出たのが、0時15分
家へたどり着いたのが、日付変わって1時前

それからご飯。(タクシーの運転手さんに頼んで途中でコンビニでお弁当購入)

「電話した○○です」と受付したのが、到着と同時。
30分位経ってから、血圧と熱をはかる。
「84歳の母で頭が痛いと苦しんでおり、診察して貰えないまでも痛み止めとかいただけませんか?」
(診察してからでないと痛み止めは出さないだろうと分かっていての確信犯的行動)
と声をかけて後、しばらく経ってから診てもらえたのが20時半頃。
その後採血・CT撮りが終わったのが21時〜21時半。
「母は84歳でもう体力的に限界なのですが、(先生の)状況がどうなっているのか見てきていただけませんか」と、しばらく静かになってる雰囲気を見て受付の人に頼んだのが23時頃。
「すいません。84歳の母が(以下略)」と廊下に出てきた看護師に聞いたのが、23時半頃。
その後しばらくし、先生が廊下の椅子のそばに来て、
医「CT映像では出血とかは見られません。でも小さな出血は分からないんですよ。(中略)今日は痛み止めを出しておきましょう」
と決着ついたのが、0時前頃。


ほんとに脳内出血の前兆だったら倒れているだろ!
救急センターの待合室で救急車を呼ぶ事になるよっ!

いや。分かっているのですよ。
最初に看護師さんが血圧と熱をはかり、吐き気はないですかと問診した時点で、母の緊急度が高くないと判断されただろう事は。
そして、緊急度が高いであろう方を先に診るというのは当たり前ですし。
この日はそう頻繁に救急車は来てませんでしたが、それでも運ばれてくる方はいましたし、そういう方のほとんどは高齢者で意識がないように見受けられました。
小さな女の子が首のコルセットをつけて運ばれてきたり(大事ではなかったようです)、バイクの交通事故の方もいましたしね。
高齢者のご家族が集まってくるのも見ました。
救急隊員の制服に書いてある地域名を見ると、横須賀はもちろんですが逗子の救急隊員もいましたしね。
(多分救急車でも40分以上かかると思う)

だからこそ黙って、古びた陰気な待合室の固い長椅子に座って待っていたのです。
(途中途中で我慢しきれず声かけちゃいましたけどね^^;)
でも、その間母は頭を押さえ顔をしかめ、体がギュッとなっているのですよ。
段々と間隔は延びていきましたけどね。

だけど・・・
18時着で病院出たのが0時過ぎってのは・・・
もう少し何かやりようが、もう少しどうにかならないのか、と言ってみたくなるのですよ(´・ω・`)
救急車で来てすぐに帰っていく方も何人かいましたしね・・・
その間治療も投薬も何もないですし・・・
母は痛みと待ちとでくたびれ果てていました。

横須賀というそこそこの町でこうなら、予算のない(ないのは横須賀も一緒か)、過疎化が進む地域だったらどうなのだろう。
病院や医者不足って深刻なんだな、
と今更ながら実感した1日でした。

念のため。
お医者様や看護師さんの対応は良かったですよ。
「面と向かって対応してくれた」時はね。
施設と医療従事者が絶対的に足りないんだろうなぁ・・・
その原因は、金、か?????

おまけ。
疲れさす事させちゃってごめんね、と謝りましたが、
次回もし何かがあった時は、救急車を呼んだ方が良い、と母も(今のところ)納得したようです。
もちろん、何でも救急車を呼ぶ、という事はしませんよ。

その後の母はくたびれ果てていましたが、大丈夫です。
近いうち、神経内科へ連れて行きます。

ちなみに、家を出る寸前に黒の餌入れに丸々1日分以上の餌とお水をたっぷり入れてから家を飛び出しました。(笑
タグ:緊急医療
posted by 葉山猫 at 13:01| 神奈川 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

テレ朝 モーニングバード

gremz発芽二本目270日目


番組改変でがっかりだ。

テレ朝の朝番組は
斜に構えて分かったような事言う有名人や
独善的にペラペラしゃべるMCや
世の中全き平和で、料理と育児にしか興味のない主婦しかいないと思ってるんじゃ?
とか感じる番組の中で、結構硬派でためになったし、好きだったんだけどねぇ・・・

フジテレビ系や他局とザッピングしながらでも今まで見てきたんだけど、さっき内容を見ていてほんとがっかりした。
以前み○○んたがやってた昼番組で、視聴者との生電話で人生相談っていうのがあったが、それとおんなじ事をやってた!

30代の女性で二股かけてる。
一人は年収800万
もう一人の方に愛情を感じているけど、金と愛と私はどっちを選んだらいい?
みたいな!
ところが、愛情を感じている方は妻子持ち!
と来たわ。
(真剣に聞かず途中でチャンネル変えたので間違ってたらごめんなさい)

朝の9時代とかから、こんなの見たくも聞きたくもないーーーー!
(昼でも見たくないですけどね)

羽鳥にコメントを求められた人の返答もまた・・・(私だったら金をとる、という尻つぼみのコメント)
その横で憮然とした顔の吉永さん
男としてコメントを求められ引いていた長嶋さん
無茶振り過ぎでしょう(爆)

羽鳥さんもねぇ・・・
芸達者な芸人に助けられて番組をこなすのと、自分のキャラでひっぱるのとでは随分と違うと感じられているでしょう。
彼のキャラを活かすなら奥様向け昼帯、
フリーとしてこれからの自身を伸ばすなら、少なくともこの番組では硬派キャラでやったらいいのに。

そもそも今時珍しく硬派な感じの女性アナウンサー赤絵さんをメインにしてやれば良かったのに。
(好きなんですw)
前番組も、特に鳥越氏がぼけてきてから彼女がしきってましたよね。

MCも出演者の方も、もしかしたら番組の台本に従ってやっているだけ、かも知れないけど、そうなると番組方針を決める担当が番組を殺している。

でもやっぱり、用意されたコーナーはしょうがないけど、他は本人のせいもあるな。
「もぉ〜〜〜〜〜にんぐばぁどっ黒ハート
という指サインを浸透させよう!、なんて緊張感のない事言ってないでよ(泣

最近はフジテレビを見ています・・・

近々、番組模様替えか早期打ち切りになる予感・・・
posted by 葉山猫 at 10:47| 神奈川 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

発電技術研究を国策として

1日4つめの記事。

テレビで原発即時撤廃デモというものを企画実行したと言う人を見た。
こんなに人が集まるとは思わなかったと少々舞い上がっていた。


・・・
原発とっぱらってどうするの?


今より電力が少なくなっても我慢できる、新しい発電技術実装までの長い期間の生活に覚悟があってやったのだろうか?
ならいちゃもんつける筋合いじゃない。

でもねぇ・・・


ま、いいや。


そこで提案。

国策として、もう新しい発電技術研究に莫大な予算をつける!

日本の企業・人材の叡智を傾けて集中研究すれば、できない事はない!と信じる。

これは何も今の事故を見て急に思ったわけじゃない。
広島だ長崎だと言いながら、原子力技術を採用しなければならないジレンマ。
核燃料廃棄物処理を他国へ依頼する身勝手さ。
でも、国土の狭さや環境破壊、資源がない事で火力・水力発電所の新規設置もままならない。
(風力はどうなのかなぁ?安定供給できないって聞いた事がある)
そして、今の生活では電力需要は増加しても減少する事はない。


ならそういう問題を根幹から解決する方法を!

とりあえずクリーンな発電技術開発から。
もしくはいっそのこと、発想の転換で「電力に変わるエネルギー」開発
もしくは発電設備の減少

画期的な発電技術を開発できれば、海外にも売れますぜ?
そりゃもう長期的に儲かる!
最近外国メーカーに世界での商売遅れを取ってない?
それを挽回できるのではっ


等と妄想全開にしていますが、現実問題として
今すぐ技術的にできそうなのは最後の発電設備減少、かなぁ?

新しく戸建を建てる人は、必ずソーラーパネル設置を義務づけるとか。
新築マンションなんかにつけられれば一番いいんだけど、50世帯とか10世帯とかで必要になるソーラーパネルの面積が分からない・・・
建物全体をパネルで囲んでもまだ足りません、とかだとダメだよねぇ。

ちょっと前に
ソーラーシステムで元が取れるようになるのは25年後位。
ただし、25年経つとパネルの寿命が来るから交換しなければならない、みたいな事を読んだ記憶がある。

だから、国の援助で企業に開発してもらうのは
・パネル面積の縮小化と電力生成の効率アップ(という表現でいいのかな)
・耐久性向上

目標は、曇天や天候が悪い日が多い地方で真冬・真夏の必要電力を生成できる位の能力があるものを作る!

もしくは、(ソーラーパネルの事知らないんですが(笑))

ソーラーシステム設置の代金をあるラインを決めて補助。
例えば、アンペア30が国内平均としたら、アンペア30として1家族に必要な電力を生成できるソーラーパネル設置代金は全部国負担。
それ以上の容量が必要なおうちは、足りない分だけ足して上位機種を設置。

一斉に設置は無理だから、各市町村ごとに必要戸数を割り出して、何期かに分けて実装。
あらかじめ数が分かれば、メーカーも生産しやすいし、
生産個数が多くなれば、費用も安くなる。
おまけに需要が増えれば、企業の開発研究も進まない?

ソーラーパネル貼り付けた電車は無理?(笑

あー
同額内であれば、機種とか選べるといいね。
市町村単位でも県単位でも。

ミソは、
住んでいる人間に補助を出すのではなく、住居に出すという事。
これで引っ越しても、最終的に平等でおっけー(ってならない?)

一度取り付けたのに失火で失ったら自己負担
家建て替え時は自己負担

とにかく国内住居全ソーラーシステム実装義務化!

多分、これだけで十数年かかると思うけどね・・・



もひとつ、電力をプールしておく技術って不可能なの?
巨大なエネループとか!
んー
でもプールできればできたでその施設が危険とか言われたりしそうだなぁ・・・



順繰りにでもソーラー化できれば少なくとも発電所からの電力消費は少なくできるし、ソーラー化できたおうちは光熱費も抑えられる。
子ども手当なくしてこっちにしない?(笑


乱文失礼<(_ _)>
posted by 葉山猫 at 16:58| 神奈川 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉が足りない

1日3つめの記事。

テレビを見るのが嫌だ。
政府に腹が立つから。

でも、見ないわけにいかない。
被災地はどうなっているのか、原発はどうなっているのか、何かできることを思いつくかも知れない、という思いで。


前回の記事コンクリは用意しているのかに書いた「燃料が足りないとは何事!」ってのは、施設の燃料ではなく、施設の放水機能がアウトなので急遽放水をしていた消防車の燃料だったのですね。

消防車なら燃料がなくなるってのもわかります。
でも、当時は「消防車の」って説明がなかったですね。

聞いたことにしか情報を寄越さない

という発言をあちこちの番組で耳にしました。

管政権をかばうつもりはまぁあったく!ないですが、現場が情報を出さなくてはトップは正しい判断ができません。
(貰ってもできないのは論外)

もう政権が維持できない、というのは分かってらっしゃるでしょう。
次の総選挙では大負け決定です。
もう党内でも浮かび目ないんじゃないですか?
ならば、個人の漢気だけでも発揮してください。
そうすれば逆に浮かぶ目も出てくるかも知れません。

使途を明らかにせずに使える予算がありましたよね?
海外からでも国内からでも、原発・建築の専門家とその人達をサポートするスタッフを雇いなさい。

現場の言葉が足りない個所は、あなたの政治家の言葉が足りない事でもあるのです。



以前にも書いたけど、それぞれのお国柄というのは、その国を構成している民族の歴史と切り離せない。
日本は長らく封建主義でお上のお達しに文句を言いながらも従う事に慣れすぎている。
虐げられる事に安住している。

「文句を言ってもどうせ変わらないよ」

そう言いながら、状況を見かねた誰かの心意気で進んできた民族だ。
言い換えれば、そういう質の高い人間が多い、とも言えるけど。

政治家は、「言わなくても誰かが言ってくれるだろう、やってくれるだろう」を言う側ではなく、
そう言われてあてにされる側の人間ではないのか。

ご家族を亡くされた民主党議員の方がいる。
お悔みとご同情申し上げる。
だけど
上層部を非難するだけでなく、ご自分から地震に関する委員会や実行組織の長になるべく立候補・提案は為されたのだろうか?
してもダメだったのなら、自分はこういう提案をしたがこういう理由で却下、実現しなかった、とメディアに発表した方がいい。

この方に限らず、日本はすべての政治家が自分の為した事を発表しない。
失言が多すぎて、上げ足取られる事もいやなんだろう。
余計な言葉は多いのに、肝心な言葉が足りない。
それって自信がないって事でしょう。
そういう人間が日本を舵取りできるのか。

政治家は毎月やった事、やらなかった事の理由を発表する規則を設けたらいいのに。



自民党も、
今はおとなしくしていれば自然と政権が己の手の内に落ちてくる
とでも思ってるんだろうけど、勘弁してくれ。
今起きている諸々は、自民政権の時代にスタートしている事ではないのか。


国難なのに、国を管理するために選ばれた人間が、市井の、普通の人、の心意気をあてにしている。
どうかしている。

「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ―定年前に自ら志願
時事通信 3月16日(水)4時56分配信

 福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。

 会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。

 男性は13日、
「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。
話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。

 東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。

 男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。
出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。
 
改行・強調は葉山猫です。

一方・・・・・・・
posted by 葉山猫 at 14:42| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市設計案募集

1日に1記事と決めているのだけど分けた方が良いと思ったので。


被災地再建に関し、政府が山を削って高台に居住地を造ると言っている。

それしかないと思う。
津波に流された土地にもう一度本心から住みたいと思う方は少ないと思うし。

そこで思うのは。

やっつけ仕事で住宅地を造成しないで欲しいと思う事。

被災者の方々からすれば、早く落ち着きたいのに何を言う、と思われるのを覚悟して書いている。


まず仮設住宅や生活保障をするのは当たり前だけど、それと並行して

世界中から、防潮堤も含んだ都市建設設計案を募集したらどうか


報酬なし、としても応募はあると思う。
不謹慎だが、これだけ大規模な都市設計を、先進国で行えるという機会はないだろう。
おまけに資金のほとんどは国が出すのだし。(でしょ!?)

ボランティアとしても、自分の生涯の業績としても、自分の宣伝としても大きな意味を持つから、世界的な建築家、もしくは功名心のある野心家の建築士が応募してくると思うんだけどなぁ。
無名でも有名でもいいじゃない。
設計が良ければ。
もちろん、応募という形を取らずに個別にお願いしてもいいし。
でもお願いする方の知識がないと、適切な人にお願いするかどうか不安だし。


大分前から記事にしたいと思っていた人がいる。
名前を思い出せなくて書けてないのだけど。

テレビの特集で知ったのだが、外国の方(男性)で日本に長く住んでいる。
建築関係の方(だったかな)で世界的に活動していて、あちこちで講演したり本も出している。

この方が言ったことを簡単にまとめると。

日本には世界に誇れる美しい景色がいっぱいある。
だけど
世界でもっとも醜いと言える風景もまた沢山ある。


この方が醜い例として挙げたいくつかの内一つが

山肌をコンクリで固める
だ。


災害にあわれた地域は、山々や海、島々が美しかったと思う。
いや、観光地区でなくとも、この先お子さんやお孫さんが暮らしていく場所なのだから、後々誇れるような場所であった方が良くはありませんか?

辛い思い出があるのに、見渡したらコンクリで固められた山肌でごみごみとした住居群の中の住まい。
これでは悲しみと喪失感は永劫に続く・・・


もちろん代替え地の問題や、一番大きな問題として「早く落ち着いた暮らしがしたい」と言うお気持ちをないがしろにはできません。

だからこそ
当面の住居問題と並行して、都市再建の設計案の募集・依頼は今からでもした方がいいと思うのですよ・・・
とっくにしているよ、なら、いいんですが、そう思えない私がいるんです。


気が付いたら、ブルトーザーが何台もがりがりがりがり山肌を削っていて、利便性も交通の便も不十分な無味乾燥な集合住宅の箱がいくつも、なんて光景は・・・

ただし、応募してきた設計案を評価・チョイスするなら。お役所の人間だけで選ぶのは止めて欲しいですね。

冷たい言い方ですが、
以前と同じ町並みは作れませんよね・・・・
造れたとしても、同じ場所に安心して住めない・・・でしょう。

事前に、新しい街を造るにあたって何が欲しいか、等を住民の方からアンケートを取ったりして、
住民から多い要望と行政からのこれは必要だと思う施設(ゴミ処理場等)等をリクエストして設計募集して、どこかに張り出して?住民が自由に閲覧、投票できるようにしたら、いかがでしょうか。

もちろん賛否両論起こるでしょうけど、
具体的な設計候補を目の当たりにできれば、代替え地の面積とか場所だとかも譲歩・交換する余地も出てくるのでは?
人情として、元々の自分の土地の面積は1平米たりとも譲りたくない、って気持ちも、
こういう設計の街なら面積がいくらか減ってもいいよ、とか
街の中心部から離れて不便でも面積広いならここでいいや、となったり・・・しませんか?

他の土地・県に移り住もうと思っている人も、こんな街になるのならここに住み続けようと考えなおしたりしませんか。

世界に誇れる謂れを持つ街ができたら、観光資源にもなりませんか?


ええ。
理想論だとわかっています。
ただ
このまま何も言わないと、痛手を受けた土地が更に痛手をこうむる土地になるような気がして。





続きを読む
posted by 葉山猫 at 13:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国難

gremz発芽二本目239日目

本当に国難だと思うよ。
日本存続の危機、と言いかえてもいい。

とうとう原発とんでもない事になってしまった。
レベル7.
チェルノブイリで放出された放射能の1/10だ、なんて言いつくろっているが、そういう問題じゃないでしょう・・・
今は1/10だけど、これまでのありさまを見ると、

最終的にチェルノブイリの10倍になりました

ってな事になるような気が。

いえ。
そうなって欲しいわけじゃありません。
決して。

だけど、ここまで日本のトップの顔が見えて来ないような体たらくにするとは思ってなかった。

早めに放射能対処をしないと、近くの国から文句が出るのは火を見るより明らかだろうに。
今はまだ近海に接している国々からしか表立った声が聞こえてこないけど、このままだと
グアム・サイパン、ハワイ、オーストラリア、米大陸西岸の国々からも非難を喰らうよ。

管総理の顔が全然見えてこない。
これで一国の主導者なのか。
イラ管はどこへ行った・・・

東京都知事が何度も同じ人間が選ばれるのは、独善的であろうとも断固とした態度を見せるからではないのか?
自民党も国難だ、と言う意識は持っているのだろうか。

民主党も何故、協力しない他党は国賊だ!位の迫力を見せないのか。


国難と書いてきたが、原発問題に関してはもはや一国だけの問題ではなくなっている。
タグ:東日本震災
posted by 葉山猫 at 11:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

コンクリは用意しているのか

gremz二本目211日目

セメントを用意するべき。

チェルノブイリの事故の時、放射能が漏れ出したらコンクリで施設全体をがっちりと覆うしかないと聞いた。
ハイテクの塊の発電技術の割りに、放射能を防ぐ対策が随分とアナログだと感じた記憶がある。



被災地の復興で大量のセメント、鉄筋が必要になるだろうが、今は申し訳ないがそれは後回しにしてセメントやミキサーなどのコンクリートを作るものや技術者を全国的に手配し福島原発に向けて運搬するべき。
それも相当量を。

無駄になってもいいじゃないか。

どっちみち、復興で大量に使う。
被災地では今後木造ではなく、鉄筋コンクリートのおうちを作る傾向が強まると思うし。


チェルノブイリの事故とは傾向が違う。
事故の内容が違う。
と言うが、放射能が漏れ出したら結果は同じ。


もちろん、コンクリで固める以外に今はもっと良い対策手段があると言うなら、コンクリでなくてもいい。


海水を冷却水として注入した時点で、炉は廃炉になることが決まると聞いた。
もう使えない炉ならば、いや、修理してまだ使えるとしても、チェルノブイリのように大量に被爆する量の放射能が放出される前にコンクリで固める作業の決断をするべき、だと思う。

チェルノブイリでは、コンクリで施設を固める作業をしたものすごく大勢の人々が大量に被爆している。
その結果、現地で亡くなった方も、被爆後亡くなった方の人数も諸説あるが、どちらにしろ相当数の方が犠牲になっている。

当時のロシアはソ連邦崩壊前で、危険であるという情報を伏せて強制的に人員を集めることができたのだろうが、今の日本でそれができるだろうか?
もちろん我が身が犠牲になる事を覚悟して、現地へ行く方も大勢いるだろう。
だが、その人数で足りるのか?
いや、そういう方々に甘えてしまっていいのか?

だから、そういうはめになる前に、「まだ大丈夫」ではなく、作業者の方々に健康被害が出ない内の早め早めの決断が必要だと思う。

狭い国土の日本なのだから、チェルノブイリの原発より少ない発電量の炉だとは言え、もし大量の放射能が漏れ出したら、半径何十キロ、もしかしたら百と言う単位の範囲で気が遠くなるほどの年月が立ち入り禁止になったらどうするんだろう。

ほんとはそこまでする必要はなかったんですよ、という程度の時に大鉈を振るった対処をするべきだと、私は思う。


もちろん私は素人だから、今の状態がどうなのか知らないし、分からない。
こういう時に政府の発表が信じられるのなら、こんな事は言わない。
だけど、政府の発表の元になっている現地の関係者の対応、判断が信頼できない。
どうせ、要所要所のトップ達がのきなみ天下りじゃないの?
とは思っているが・・・
なんせちょっと前に、放射性物質をバケツに入れて運んでいたのを許していた団体と類似組織ですよ・・・



テレビ朝日に出演していた「専門家」が言っていたが、毎月緊急処置に使う設備を点検、テストしているはずだと。
それが過去例えば1年間に区切っても12回正常に動いていたものが、何故急に動かなくなったのか。
アナウンサーが「地震・津波のせいとかですね」と言ったら、
「津波のせいでは絶対にありえない!」
と語気を強めて反論していた。
何故なら、ディーゼル発電などの設備は、生命線だからコンクリ等で固めた絶対浸水しないようなつくりの中に設置されているのだから。
と言っていた。

もちろん、それらの予想を上回る地震・津波だったのかも知れない。

だけどね・・・
百歩譲って、最初の緊急発電のディーゼルが地震のせいで13基軒並み動かなかったとしても、昨晩聞いた
「燃料がなくなった」
と言うのは・・・

当然の事ながら、設置した発電機と、どれくらいの期間運転するにはどれくらいの量が必要か、それに見合う燃料量は計算していたのではないのか。
備蓄していた燃料が足りなくなるという事ももちろんあったのだろうけど、今回の規模の地震があったら、備蓄した量で足りるのか、足りないのか、の計算・判断をしなかったのか?

それとも、事故後すぐにちゃんと申告・依頼をしていたが、交通事情が悪くて手配していた燃料が間に合わなかったのか。

政府がすべてを発表しているとは思わない。
する必要もないと思う。
混乱や流言飛語を防ぐためにも。

だから、ちゃんと申告して手配していたけど交通事情のせいで届かなかった、と思いたい。
だけど、そう思えない私がここにいる。
だって・・・
『「これくらいのこと」を準備していなかったのか!』って思う事柄がこの国では過去多すぎたから。


国内の被災者を救うのも含め、今後世界できちんと自国の主張を胸を張って言える様にするためにも、今は日本という国の正念場だと思う。

もし漏れ出した放射能が貿易風や季節風等の風に乗ったり、海流に乗ったり、被爆した魚類が回遊したりすると、それらに一番影響を受けるのが、北方領土や沖ノ鳥島等の領土問題や、長年金銭的技術的援助をしてきているのにいまだ文句や反日教育をしている国々なのだから。


今頃、枝野長官を現地に常駐させ、なんて・・・

誤解を受ける事を覚悟で言うけど、
被災地で、今すぐ救援・医療を受けなくては亡くなってしまう方々がいらっしゃるのも分かっているけど、原発の問題は、それと同等、いやそれ以上に緊急に対処しなくてはいけない問題だと私は思う。

だって、
大量の放射能漏れが起こったら、緊急医療でせっかく助かった人々も被爆してしまう。
家も土地も財産もなくなった上に被爆したり、家や田畑を取り戻そうとしても土地が被爆して、挙句の果てに未来永劫に近い年月立ち入り禁止になったら。
地下水にも溶け出すだろうし、海へ放射能が溶け出したら、海産物も口に入れられなくなる。
それどころか、風に乗って運ばれたら狭い日本でどれくらい避難できると言うのか。


ことさらに煽り立てたり、脅かすつもりではないのだが、政府・政治家を信頼できない。
いや、政治家達以前にお役所(役所と言うか公的な組織)の人間の判断、行動力が信用できない。


今の若い人達は知らないかも知れないが、小松左京の「日本沈没」の世界が私の脳裏に浮かぶ。


ここに書いたような事にならないように、政府が機能することを切に願う。



posted by 葉山猫 at 10:25| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

生まれて初めての経験

gremz二本目発芽208日目


震災にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。
どうぞなるべく沢山の方が無事でありますように、心の底から願っています。


私自身は、昨日の地震は生まれて初めて経験した揺れだった。
とうとう、関東大震災が来たか、と思った。

まだ学校にいたので、子供達が大丈夫か校舎は大丈夫かとかなり大騒ぎになった。
帰宅時は電車が動いていないという情報は受けたが、まさかバスまで止まっているとは思っていなかった。
信号が止まったので、信号が正常動作しているか確認できるまで公共交通はのきなみストップしたそうだ。
タクシーも、行き先確認されてから乗せられた。
(高速ストップや一般道も渋滞で、乗せても行き先にたどりつけるかどうか不明なので確認してから乗せるとのこと)

電車もだめ、バスもだめ、タクシーにも乗車拒否されたら、歩くしかない。
バス停で話していたおじさんはどうしたのだろうか。
とても普段は歩ける距離じゃない所が行き先だったのだが・・・


テレビを見ていると、どんどんどんどん被害状況が分かってきて、
思うのは、日本は大丈夫だろうか、ということ。

政治家がバカやっても、日本がなんとか先進国の仲間に入れているのは、普通の人々のおかげ。
農業、漁業、酪農、商売をやっている人達。
根こそぎ田畑も家も財産も仕事場も持ってかれて・・・
こういう普通の人達が国を作り上げているのに・・・
被害にあった人達をほんとにケアしないと日本はつぶれる・・・

都会から地方へ工場や倉庫、集配センターを移しているだろうに企業の損害も恐ろしい。


しかし・・・
震源地が東北地方なのに、首都圏の混乱振りはどうだ。
地方を軽んじるつもりは毛頭ないが、こんな状態だと、
もし、来ると言われている関東大震災が来たら、日本は国として機能しなくなる。

そして、いろんな国が救援と称して乗り込んでくるだろうから、その時を考えると・・・
せめてアメリカだったら、まだ日本と言う国を大事にしてくれそうだけど、近場の国だったら・・・
気がついたら、首都圏の土地や情報などの財産が日本人の手を離れていた、なんて事が起きていそうだ。
この人さえ無事だったら国を立て直してくれると思えるリーダーが必要だけど・・・




昨日は、夜になっていきなりテレビが消えた。
テレビも固定電話も携帯もだめ。
もちろんインターネットもだめ。
情報源はラジオだけ。

ケーブルテレビ会社J○○M。
うちは電話とテレビとインターネットで契約している。
なんで地震から何時間も経ってから断線?したんだろう。
母が不安がって大変だったんだぞ。
posted by 葉山猫 at 11:05| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

どうだ、驚け!

gremz二本目191日目


ここ半年の仕事。

小中学校で、子供達から先生と呼ばれる仕事。


どうだ!
驚いたか!(笑)



いあー
かわいいわぁ
子供達は。


それはそうと、
どちらかと言うと、今まで教師という仕事を批判的な目で見てきた。

ニュースなんかで、教師がらみの報道を見ると、思いっきりこき下ろしてきた。

確かに、人間としてどうよ!って事柄を「教師」と言う立場でやっちゃうと見る目も厳しくなるが、それは今はおいといて、
教師、先生という仕事は非常に大変だ、と言うのが、つくづく分かった。


おいおい個人情報と職場特定の情報を出さないように、感じたことを書きたいと思ってる。


ひとつ、思いを新たにしたのは、やはり「子供」の教育というものは、親を抜きには考えられない、ということ。
当たり前の事を今更・・・かも知れないけど、つくづく感じた。

それと、
昔は、住所から学区(?)と言うものがきっちり決められていて、公立校だったら行き先が決められていたけど、神奈川県??それともこの近辺だけか分からないけど、今はそこそこ融通が利くようだ。
学区の定義が広く?なっているようだし、選択肢の幅を広げていてくれるようだ。

入学前のシーズンなので言うのだが、
親御さん。

住んでるトコロがここだから、あの学校に行くのは当たり前、もしくはあの学校にしか行けない

とは思わずに
調べてください。

学区も
その学校も。

学校を調べるには、学校見学の機会が必ずあるはずですから、実際に足を運んでください。
それも何度も。
授業参観も申し出てください。

学校選びで子供の人生変わります。
断言できます。


どの学校の先生もがんばってると思います。
でも、学校のカラーと言うのが、いやおう無しに築かれてるのですよ・・・

一朝一夕に変えられないほどに。

この学校のカラーと言うのが、すぐ隣の小学校、中学校でも天と地ほど違ってます。
恐ろしいほどに・・・


もし私に子供がいたら、選択出来る範囲内の学校すべてに足を運んでじかに先生方と話をしたいと思う。
それも何度も(笑

子供たちとも話すかな。


ほんと、学校ごとにこんなに雰囲気が違うとは思わなかった。
それと先生方の仕事がこんなにハードだったとは。
それと、前から思ってたし口にもしてたけど、子供ってのは結局は



と言う気持ちも改めて思った・・・


又時間ができたら、ベテランの先生も言ってたけど、昔と今の違いというのも書きたいと思う。
posted by 葉山猫 at 02:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

文字化けしてるぞぉおお

gremz枯れそうだ!ごめんよ!


文字化けしてる!
記事入力画面がw

Chromeだとこうなるのか。
以前はこうじゃなかったのになぁ。

近況報告。

黒助が又ストラバイトで入院。
今回は2日で退院。
今は私の膝の上で寝ている。

仕事は、まぁまぁ順調。
書きたいエピソードはいろいろあるのだけど、記事を書くと3時間くらい費やすのでなかなか書けない(つд・)

FF14をリリース日から始めている。
これもいろいろ書きたい事はある(笑
だけど、それはそっち用のHPでw 
(と言ってもそっちも更新してないけど!

レンタルビデオで、CSIを見始めた。
シーズン1からのチャンレジなので、科学捜査法が古い古い!
BONESなんか見ちゃうと、随分と差があるw

母は元気。
だけど、年齢による・・という現象が目立ってきた。
同居しない方が良かったのではないのかという考えがふと頭をよぎる。

では!
posted by 葉山猫 at 02:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。